Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ビジネスの極意】新卒社員に求められる、スマホを見る前にすべきこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

スマホを利用しない人、というのはまずいないだろう。仕事上の連絡や報告にメールを使ったり、企画のための調査などにもスマホの検索を活用している人も多いことだろう。だが、そんなスマホ利用において、想像できないトラブルが起こる場合がある。 リーダーシップとマネジメントに悩む、すべてのビジネスパーソンのためのノウハウサイト「識学式リーダーシップ塾」から、スマホでのトラブルの可能性と対応を知ろう。 * * *

マスコミの「画像トラブル」から学ぶ、上司と部下のコミュニケーション

業務上の「ミス」を完全にゼロにするのは、現実的には難しいことです。 ただ、根底に何があるのかは押さえておきたいところでもあり、ここでテレビ番組で過去にあった「画像トラブル」を例に、若手の「検索文化」の落とし穴に触れてみます。

SNS依存が生み出した放送事故

今や、SNSという手段で全ての個人が発信者であり、ネット上は様々な、画像、映像に溢れています。 また、以前では考えられなかったことですが、最近ではTwitterに投稿された画像や映像をテレビニュースで紹介することも当たり前のようなっています。 しかし、その習慣が生み出したミスもあります。 あるテレビ局では、Twitter上のデマ画像をそのまま紹介してしまったという放送事故があったことは、多くの人の記憶に新しいかも知れません。 また、メディアの公式アカウントが撮影者に、画像や映像の使用の許可を得るプロセスが、「晒されて」「拡散されて」しまうことも頻繁に起きています。 Twitterでは、内緒のやり取りができるDM(ダイレクトメール)をフォロワーに限定しているユーザーも多く、その場合、「まずこちらのアカウントをフォローしてください」という形を取る必要があるため「厚かましい」という目で見られています。 放送事故とまでは言えませんが、報道を扱うメディアとしてのイメージを損なう、好ましくない事例と言えるでしょう。 こうした画像や映像探しはほとんどは、実は若手の仕事です。 そして、このようなことが起きてしまう背景には、若者の「検索文化」があります。

【関連記事】