Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Suchmos・YONCE×GRAPEVINE・田中が対談!「シンパシーを感じる」

配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の『SPARK』(水曜担当ナビゲーター:Suchmos)。2月19日(水)オンエアのワンコーナー「SPARK DREAMER」にて、YONCEとGRAPEVINE・田中和将(Vo./Gt.)が対談した。GRAPEVINEは、3月から始まるSuchmosの全国ツアー「The Blow Your Mind TOUR 2020」のZepp Nagoya公演に出演する。 【画像】Suchmos・YONCE&KCEE、J-WAVEにて

SuchmosとGRAPEVINEの出会い

久しぶりの対面となったYONCEと田中。そもそもの出会いは、4、5年前に遡る。 YONCE:4、5年前、SuchmosがGRAPEVINEの企画に誘っていただき、そのお礼ではないですけど、僕らのツアーにも一度出ていただきましたよね。その前に、事務所の先輩でもあるんですけどね。 田中:そう、たまたま事務所が同じだってことはあるけど、その前からSuchmosって名前はちらほら聞こえていたんですよ、「すごいのがいるぞ」って。それで、たまたま同じ事務所だってことで、「おお、それは!」と早速CDをいただいたってことが、まずありましたね。 YONCE:僕らはGRAPEVINEを学生時代から聴いていたので、「やったー」と。もともとSuchmosのドラムの健人(OK)は GRAPEVINEが大好きで、僕らもそれぞれが聴いたりしていたんです。共演もそうだけど、いちファンとして、GRAPEVINEが出した作品も楽しみに聴かせてもらっていました。

田中「Suchmosの気概を感じて、すごく感動した」

デビュー当時からSuchmosを知る田中に「我々はどう見えるのか?」とYONCEが質問した。 YONCE:例えば、昨年リリースしたSuchmosのアルバム『THE ANYMAL』だと、今までよりだいぶバンドのカラーが変わったのかなと思ってるんですけど……。 田中:『THE ANYMAL』はビックリしましたね。「この段階で、こんなことをしていいの?」っていう。 YONCE:なるほど。気づいたら僕らも逸脱していというか(笑)。 田中:逸脱ではないとは思うけどね(笑)。ミュージシャンの歴史として絶対に逸脱ではないと思うし、しっかりルーツを持ってる人間はそれを出していくのが自然なことだろうなと思うんですけどね。「世間からは一体どう見えるんだろう」と思う反面、「この人たちはきっとそれを気にせず、こういうことをやろうとしてるんだな」と、その意気込みというか気概みたいなものを感じて、すごく感動した覚えがあります。 YONCE:ありがとうございます。逆に僕はGRAPEVINEの作品から、そういうマインドをよく感じます。

【関連記事】