Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<鍵のかかった部屋>松山博昭監督、榎本が魅力的なのは「やっぱり大野さんの力」【インタビュー後編】

配信

ザテレビジョン

5月25日(月)に、大野智主演のドラマ「鍵のかかった部屋」(2012年、フジテレビ系)の特別編の第3話が放送される。 【写真を見る】スーツ姿で荷物を抱え、首をかしげる戸田恵梨香 同作は、大野演じる奇才の防犯オタク・榎本径が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)と共に難解な密室事件の謎を解くミステリー。 そこで、演出を担当する松山博昭氏にインタビューを実施。インタビューの後編では、大野が演じる榎本の魅力や、今回の「特別編」の見どころなどを語ってもらった。 ■ 松山博昭氏「(榎本は)大野さんありき」 ――大野さんが演じる榎本のキャラクターは監督のイメージ通りでしたか? 榎本にはいろいろな要素があるのですが、基本的には直線で動いたり、あまり感情を出さずに早口で話したりする部分はイメージ通りでした。 しかし、僕は衣装をどうするのかがなかなかイメージが湧かなかったんです。最初は、地下にこもって自分の部屋で作業をしている人なので、もっとラフな衣装を考えていたのですが、衣装合わせのときにスタイリストさんが、劇中のような衣装を用意してくださって、きっちりした衣装も知的な感じがして面白いなと感じて変わっていきました。 もともとは、ジーンズにパーカーのような衣装もありかな、と話していて、今でも覚えているのですが、スタイリストさんからはさらにあの上にジャケットを着せようという話がありました。でも、一緒にいるのが弁護士の純子と芹沢なので、そこのバランスも見て、ジャケットなしのスタイルに落ち着きました。結果、眼鏡も含めてそれがキャラになり、うまくいったなと思っています。 ――大野さんが演じる榎本の魅力とは? 同じセリフを同じように言ってくださいと別の方にお願いしても、絶対にあの感じにはならないのですね。それはすべての役者さんそれぞれに魅力があり、個性がありますので。 榎本が魅力的になったのは、やっぱり大野さんの持つ独特な雰囲気で、(榎本は)大野さんありきだと思います。 違う方がやっていたら、全く違う榎本になっていたと思うので、大野さんにやっていただけて本当に良かったと今でも思っています。 彼が佇むだけで、すごくかわいらしくもあるし、あんなにぶっきらぼうに話していても愛らしく見えるし、すごくスマートに見える。それでいて、決めるところは格好よく決める。それはやっぱり大野さんの力で、魅力だと思います。 ■ 松山博昭氏「スペシャルドラマはかなり大がかりなトリック」 ――5月25日(月)と6月1日(月)に「鍵のかかった部屋 SP」が2週にわたって放送されますが、SPドラマ撮影中に印象に残っていることは? 当時は、連ドラで原作を全て使用してしまっていたので、原作がなくて。「鏡の国の殺人」というのは、プロットか、もしくはまだ発表する前のラフな原稿で、まだ世の中に事件が出ていなかったんですよ。 それをもらって、いろいろ検証して映像化していったので、貴志祐介先生は発表する前に映像化されたことで、こうなるんだ、ああなるんだ、と細かく分かって良かったとおっしゃっていました。 あとは、相当難しいトリックだったので、(稲葉透役の)藤木直人さんが理系出身ということもあり、「これ、こうなるんじゃない?」と現場で言われて「確かに!」となったこともありました。 スペシャルドラマはかなり大がかりなトリックでしたので、かなり試行錯誤して大変だったという記憶があります(笑)。 もともとは、全く違う事件を絡めて一つの物語にしているので、今回はそこを2週に分けて放送するので、より原作に近い形にはなると思います。 ――監督の作品は劇中での会話の途中で突然画面が黒くなって場面が切り替わるシーンが多々見受けられますが、そこにはどのような意図があるのでしょうか? 編集に自分のリズムがあるので、それが気持ちいいというのもあるのですが、シーンに合わせて曲を編集することもあるんです。ここで榎本が決めぜりふを言うから、ここに曲のサビを持っていきたいとか、無理な曲の編集をつけるとき、普通にきれいにシーンが終わっていくと、曲をきれいに終わらせなければいけないじゃないですか。 それはフェードアウトとか、曲の終わりの部分を持ってきてやるんですけど、それをやると途中から曲の終わりの構成を持ってくることになり、最後の部分が盛り上がらないまま終わってしまう。その場合は、最後まで盛り上げ続けてブチッと切った方がシーンいっぱいに盛り上がったドキドキがギリギリまで続くという狙いがあります。 あとは、黒い画面を挟むことで時系列の変化が分かりやすくなるということもありますね。 ■ 松山博昭氏「犯人を追い詰めていくさまを楽しんでいただけたら」 ――今回、「特別編」として放送することで、初めて作品を見る方や二度目、三度目という方もいらっしゃると思いますが、見どころを教えていただけますか? 僕は、基本的には犯人探しの物語ではないと思っています。見ている側もこいつが犯人だな、と思いながら見ていると思うんですよ。 密室のトリックはすごく複雑なのですが、多分、そのトリックの難しさというよりも、密室を完璧に作り上げた犯人が、榎本に成敗されていくさまが面白い物語なのかな、と思って制作しています。 そういう意味では、犯人が絶対バレるはずがないと思っている難解なトリックを、榎本が詰め将棋のようにどんどん解いていって犯人を追い詰めていくさまを楽しんでいただけたらと思います。 ――最後に、読者へのメッセージをお願いします。 ストレスがたまってつらい毎日を送っているかと思いますが、すごく爽快感があってスカッとできる物語だと思いますし、難しいようで映像的には分かりやすいドラマになると思うので、本日夜9時から放送の「鍵のかかった部屋 特別編」を見て楽しんでいただけたらと思います。(ザテレビジョン)

【関連記事】