Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソニーのコンパクト端末の新型「Xperia 5 II」が今秋登場。性能は「フラグシップ機とほぼ同等」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

ソニーモバイルは9月17日、新型スマートフォン「Xperia 5 II」を発表した。2020年秋に日本を含む国と地域で販売予定。海外市場での価格は約950ドル(約10万円)。 【全画像をみる】ソニーのコンパクト端末の新型「Xperia 5 II」が今秋登場。性能は「フラグシップ機とほぼ同等」 Xperia 5 IIは名前の通り、2019年9月に発表された「Xperia 5」の後継機にあたる端末。2020年2月発表のフラグシップ機「Xperia 1 II」の特徴を活かしつつ、持ちやすいコンパクトな形状に仕上がっている。

120Hzの高速画面描画など「1 II」にはない特徴も

Xperia 5 IIの最大の特徴は現在主流の端末の中では小柄ながら、ハイエンド級のスペックを備えている点にある。 前機種の「Xperia 5」と比べて幅や高さは変わらず、薄型化に成功している。ディスプレイも21対9という縦横比や、フルHD+解像度(1080×2520ドット)の有機ELを採用している点は同様だが、新たに最大120Hzのリフレッシュレート(画面描画速度)に対応。 画面描画速度が上がることで、滑らかな表示が可能になり、ウェブサイトやSNSの閲覧などの普段使いから、正確なタッチ操作が求められるゲームでの利用など幅広いシーンで快適になる。 ディスプレイの120Hz駆動は、Xperia 1 IIでも搭載していない特徴なだけに、Xperia 5 IIではeスポーツ分野でのプロモーションも想定されている。 なお、Xperia 1 IIで120Hz駆動ができない理由について、ソニーモバイル担当者は「ディスプレイの解像度が1 IIの方が高い」ことを挙げている。 Xperia 5 IIの基本的なスペック(括弧内は「Xperia 1 II」のもの) チップセット:Snapdragon 865 5G(同様) メモリー:8GB(8GBもしくは12GB)※ ストレージ:128GBもしくは256GB(同様)※ ディスプレイ:6.1インチフルHD+解像度有機EL(6.5インチ4K解像度有機EL) 画面描画速度:120Hz(60Hz) 背面カメラ:12MP×3(12MP×3+3D iTOF) 正面カメラ:8MP(同様) バッテリー:4000mAh(同様) 端子:USB Type-C、イヤホンジャック(同様) ワイヤレス充電:非対応(対応) ※メモリーとストレージの構成は販売される国や地域、チャンネルによる。

【関連記事】