Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

雨宮天が「かのかり」に最初はイライラ?「性格的に一番嫌いなタイプ」だったけど

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HOMINIS(ホミニス)

人生初の彼女と一度だけキスをしたが、たった1ヶ月でフラれてしまった20歳のダメダメ大学生・木ノ下和也は、傷心のあまり"ある方法"を使って、女の子とデートをすることに。とびきりの美少女との出会いをきっかけに、1人の大学生の青春が輝きだす様子を描いたラブコメディー、TVアニメ「彼女、お借りします」(かのかり)が7月よりAT-Xほかで放送中。今回はヒロインの1人、清楚可憐な理想の彼女・水原千鶴を演じる雨宮天にインタビューを行い、キャラクターの魅力などを聞いた。 【写真を見る】最近「モンスターハンター」を始めたという雨宮天 ――原作を読んだ時の感想はいかがでしたか? 「正直な話、序盤は和也にずっとイライラしてました(笑)。千鶴役のオーディションを受ける時に読んだので、どうしても千鶴目線で見てしまったというのもあるのですが、『なんて頼りなくて優柔不断なやつなんだ!』と。どっちつかずだし、ごまかしてばっかりだし、ウソも重ねるし、私の性格的に一番嫌いなタイプだなと思っていました。でも話数を追うごとに印象が変わって、気付いたらどんどん好きになっていましたね。アニメだと大体、第4話以降から和也がちょっとずつ変わっていって、彼の良さがちゃんと見えてくるのかなって。だから私の最初の印象みたいに『なんだコイツ!?』と思っている人も(笑)、ぜひ最後まで見ていただけたらと思います」 ――雨宮さんには弟がいらして身近で"男の子"という存在を見ているわけですが、それでも和也の心情は理解できない? 「和也って割と一般的な大学生男子というか、こういうタイプって少なくないんだろうなとは思うんです。でも、ちょっと私には理解できなかったですね。内容もないような見栄を張っちゃうところとか(笑)。弟は全然違うタイプかもしれないです」 ――千鶴の好きなところ、リスペクトするところはどこでしょうか? 「アニメの第1話で、和也と言い合いになった時に放った言葉がすごいなって。さんざん和也にキレ倒した後、『(まだ時間があるから)あなたがやりたいなら私は続けるけど、どうする?』って言ったんです。このデートを続行するかどうかを仕事として聞いたところが、プロ意識めちゃめちゃ高いなと思いました。いくら仕事でも、和也にすごく失礼な態度をとられて、しかも自分も素の姿も見せてしまったら、私なら『お金いらないから帰ります』って言いそう。やるなら割り切ってやるっていうプロ意識と、切り替え力がカッコ良過ぎです。というのと、ただただカッコいい人なのかと思いきや、すごくお人好しな面もあって。故に和也や彼の家族に流されちゃうところもあるけど、そういう部分も人間的に好きですね」 ――"彼女"をレンタルするという物語にちなんで、雨宮さんが課金をしてまで"好き"を注ぐものはありますか? 「私はその時々のハマっているものや、熱意を傾けているものに対して全力を注ぐタイプです。例えば最近だったら、あるキャラクターにハマっていて、そのリングをオーダーメードで作りました。あと、ネットですごくカワイイなと思った靴が2足あって、そこそこの値段がしたんですけど、どっちも買っちゃうとか。『これだ!』と思ったら、あまりちゅうちょしないですね。それで1週間くらいで飽きちゃっても、後悔は全然ないです。お金は"使うもの"だと思っているので」 ――その"好き"を誰かと共有することは普段多いですか? 「その時ハマっているものは、かなり共有していくタイプだと思います。実は私、モンハン(モンスターハンター)を最近始めたんですよ(笑)。それで今まさに、『かのかり』のスタッフさんや役者さんたちからハンターを集めて、一緒に狩りに行ってもらったりしてます(笑)。私が『モンハンやってみようかな?』って軽く声を掛けたら、皆さんが『じゃあ(自分も)やりますよ!』みたいな感じで集まってくださいました」 ――輪が広がっているんですね。 「みんなとやると楽しみが倍増するのでいいですよね。『かのかり』チームは週1でリモート飲みをするくらい普段から仲がいいので、そういう声も掛けやすかったのかなと思います」 文=川倉由起子 撮影=熊木優

HOMINIS

【関連記事】