Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

発達障害の夫が毎日自炊ができた。調理工程を極限までシンプル化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

グラフィックデザイナーの西出弥加さんと光さん夫妻は、夫婦ともに発達障害という特性をもちながら、結婚。そして結婚から約1年たった現在、別々に暮らしています。 ADHDの夫・光さんはもともと炊事などの家事が苦手でしたが、現在克服し、毎日自炊をしているそう。そこまで成長できたポイントを妻・弥加さんがつづってきれました。 夫婦で発達障害。会社勤めが10日しか続かない夫に妻は…

家事が苦手なADHDの夫が、毎日自炊ができるようなったワケ

私の夫はADHDで妻の私はASD。お互いの仕事を続けるため300km離れた場所で別居中です。私はリモートで毎日、夫に家事や仕事の指示をしています。 なぜ、私の指示が必要なのかというと、ADHDの特性をもつ夫は日常生活における抜けやもの忘れが多く、そもそもの家事が苦手だからです。 そんな夫も今では毎日ごはんをつくり、きちんと掃除をして暮らすように成長しています。今回は、苦手だった自炊が毎日できるようになった秘けつをお伝えします。

●毎日の料理はシンプルメニューで固定 レシピ本に書かれているメニューは、種類も多く、たくさんの食材を使って複雑な工程を重ねているものが多いです。 おいしそうなメニューが多いのですが、夫の場合は本を見ながら毎日違うものをつくるということが苦手です。仮に慣れない料理をしようとして使う頻度が少ない食材を買ってしまうと余っている残りの存在を忘れ、冷蔵庫にしまい込んだままということもよくありました。 さらに、別日につくろうとして買いだめした食材も忘れ、放置して干からびさせてしまうことも。 出会った頃、夫の部屋にある冷蔵庫を開いたらミイラ化した野菜がゴロゴロと横たわっていたことがありました。 そこで夫は、食材のムダもなく自炊を続けていくために、自分が失敗しない【3つの決まり】をつくったのです。

(1) 買いだめはしないと決める まず買う食材のカテゴリーは「肉か魚・野菜・果物」という3種のみ。食材を買ったことを忘れてムダにしないように、買いだめは一切しないと割りきりました。スーパーに行く機会は増えてしまいますが、その日食べるものだけを買うとシンプルに決めることにしたのです。

【関連記事】