Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「歌舞伎町案内人」が語るコロナ 来日32年、苦境の中の「気づき」 歓迎していた東京五輪への思い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

新型コロナウイルスで揺さぶられている観光業界や飲食業界の中でも、特に大きな打撃を受けているのが新宿・歌舞伎町です。「歌舞伎町案内人」として知られる李小牧(り・こまき)さんは、中国から来日してからずっと歌舞伎町を拠点に活動をしてきました。中華料理店を経営し、区議選への出馬も2度経験した李さんの目に、今の歌舞伎町はどう映っているのでしょうか。コロナから得た「気づき」について聞きました。 【画像】「歌舞伎町案内人」が見た「夜の街」 苦境の中の「気づき」

「歌舞伎町案内人」から「日本案内人」へ

李さんは1988年に留学生として来日し、日本語学校やファッションの専門学校に通いながら、アルバイトでラブホテルの清掃係やティッシュ配りもしました。 その後、外国人観光客を飲食店や風俗店に案内する仕事が本業になり、さらにファッション雑誌の記者、作家、レストランの経営者など様々な職業を経験します。 2002年には『歌舞伎町案内人』を出版。現在、中国版ツイッターの微博では「日本案内人李小牧」というアカウントを持ち、フォロワーが32万人を超えています。 長く夜の世界で生きてきましたが、2015年4月の新宿区議選に立候補するため、日本人に帰化。結果は400票差で落選。2019年に2度目の立候補をしましたが、落選しています。 「元中国人」国籍を変えてまで議員めざす理由「老人政治を変えたい」 【関連記事】歌舞伎町の案内人、帰化して政治の道へ 李小牧氏が訴えたかったこと 歌舞伎町の一角で、中華料理店「湖南菜館」を経営しながら、歌舞伎町のホスト・ホステスにも取材し、彼らの現状や本音を発信している李小牧さんですが、コロナの影響について、彼の目にはどんなものが映っているでしょうか。

売り上げはコロナ前の「百分の一」

湖南菜館のお客の半分以上は中国人観光客で、本場の辛めの湖南料理を提供しています。 「1月25日、旧正月の初日はまだ客席が満席でしたが、その後観光客が急激に減り、とうとうゼロになりました」 「コロナ前なら、毎晩、回転率について気になりましたが、緊急事態宣言が解除された現在でも、回転するどころか、かろうじて一つか二つのテーブルが稼働する程度です」 3年前に、ウーバーイーツに登録しており、出前サービスも提供しています。 しかし、全体の売り上げは「コロナ前と比べれば、売り上げは99%落ちました」と嘆きます。 李さんのお店だけでなく、ほかの飲食店も似ている境遇だそうです。 李さんによると、「来日観光客の増加の見込み」と「2020年東京オリンピックの開催」を期待して、昨年、新宿区歌舞伎町だけでも11軒の中国系火鍋店が開店しました。 「政府の給付金があっても、そもそも入居費などのコストが高いため、赤字状態が続いています」と李さんは話します。

【関連記事】