Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」に出てくる例のリフ、鳥居真道が徹底考察

配信

Rolling Stone Japan

ファンクやソウルのリズムを取り入れたビートに、等身大で耳に引っかかる歌詞を載せて歌う4人組ロックバンド、トリプルファイヤーの音楽ブレインであるギタリスト・鳥居真道による連載「モヤモヤリズム考 - パンツの中の蟻を探して」。前回のクラフトワークの楽曲「電卓(Pocket Calculator)」とファンクのリズムの関連性の考察に続き、第13回はニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」とそのリズムを徹底考察する。 鳥居真道が徹底考察 ハンソンという兄弟3人組のバンドがいます。「キラメキ☆MMMBOP」という曲が1997年に大ヒットしました。当時、彼らはまだ十代でした。日本のテレビ番組でも取り上げられるほどの人気だったので、ご存知の方も多いと思われます。 彼らのアー写にニルヴァーナのロゴをコラージュした画像がいっときネットミームのようになりました。それがプリントされたTシャツを見つけて思わず購入してしまいました。小学生が修学旅行で京都の新京極に行った際に「AJIDESU」や「PAMA」といったパロディTシャツを購入してしまうノリの延長と言って良いでしょう。今回は、そんなTシャツから考えるニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」とそのリズムといった趣向で進めていきたいと思います。

フィアレス・フライヤーズがカバーした「キラメキ☆MMMBOP」での一幕

ところで、フィアレス・フライヤーズが昨年「MMMBop」をライブでカバーしている動画を見ました。ボーカルはヴルフペックのテオ・カッツマンが担当しています。ステージにはジャック・ストラットンも同席しており、ドラムのネイト・スミスに向かって「バーナード・パーディのサンプル? バーナード・パーディのサンプル?」というオタクっぽい煽り方をしたのち、演奏がスタートします。 「MMMBop」はメルヴィン・ブリスの「Synthetic Substitution」のドラムがサンプルとして使われています。この曲のドラムを叩いているのがバーナード・パーディなので、ジャックは上述のような煽りをしたわけです。「Synthetic Substitution」は『Ultimate Breaks and Beats』にも選ばれている定番ブレイクで、サンプリングのデータベースサイト、WhoSampledに登録されている曲の数は808にも登ります。 ちなみにこれは有名な話ですが、「MMMBop」をプロデュースしたのはザ・ダスト・ブラザーズです。彼らはベックの『Odelay』やビースティ・ボーイズの『Paul’s Boutique』をプロデュースしたことで知られています。他にも『ファイト・クラブ』の音楽を担当したことでもお馴染みです。トラックに「Synthetic Substitution」のサンプルを持ってきたのは彼らのセンスだと思われます。

【関連記事】