Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マジかもう1年待ち!??? 時代はPHVを求めるか 受注殺到RAV4 PHV日欧ライバル決戦

配信

ベストカーWeb

    2020年6月8日に発売されたトヨタ「RAV4 PHV」。これまでの2Lガソリンエンジン車&2.5Lハイブリッド車に加えて、新たにラインナップに加わった。 【画像ギャラリー】トータルコストまで考えると意外にお得な選択肢!? RAV4 PHVの詳細を紹介!!    トヨタとしては、「プリウス PHV」に続く2モデル目となるが、国内メーカーでは三菱「アウトランダーPHEV」、海外ではBMWやボルボなどがすでに発売している。   今回は、トヨタとして2台目の市販PHVが、日欧ライバルと性能面、価格面などを比較してどのような勝負となるのか? について自動車評論家の渡辺陽一郎氏が考察。そのほかにも、気になる納期は現在どの程度なのか? などの最新情報についてもお届けしたい。  文/渡辺陽一郎 写真/TOYOTA

■登場からわずかRAV4 PHV すでに納期は2021年4月!? 

    2020年6月、人気の高いSUVのトヨタ「RAV4」に、充電機能を備えたPHV(プラグインハイブリッド)が加わった。   まず注意したいのは納期だ。販売店によると「RAV4 PHVを2020年6月下旬に契約しても、納車は2021年4月以降になる」という。つまり納期は1年弱ときわめて長い。  「2020年度(2021年3月まで)の生産枠はすでに埋まったので、注文を頂いても、正確な納期は生産時期が近付くまでわからない」とのこと。地域の異なる複数の販売会社に問い合わせたが、どこも同様の返答だった。   販売店にRAV4 PHVを大量に受注したのかと尋ねると「RAV4 PHVは2019年11月に(ロサンゼルスオートショーで)披露された。そのあとに問い合わせをいただいたが、受注台数はさほど多くない」という。   ただしRAV4 PHVでは、月販目標が300台と少ない。2019年4月に登場したRAV4は、月販目標を3000台に設定して、2019年度(2019年4月から2020年3月)には、1カ月平均で6000台弱が登録された。   今の月販目標には正確性が求められ、その台数は発売の数年後まで適用される。いわば平均化された目標値だから、発売直後にはクリアできて当然だが、RAV4のように実際の売れ行きが2倍に達することは珍しい。   つまりRAV4は手堅く売れる人気車だから、PHVの1カ月に300台/1年間に3600台の目標値は、少なかったとも受け取られる。またコロナ禍の影響で、生産を受け持つ豊田自動織機の長草工場も一時は休止している。販売店では「今は車種を問わず納期の遅延が目立つ」というから、RAV4 PHVの遅れも仕方ない面があるだろう。   それでも今は新車需要の約80%が乗り替えに基づくから、大半のユーザーは、愛車の車検満了時期に合わせて新車を買う。納期が10カ月に達すると、納車までに車検を受ける必要が生じたり、クルマを持たない期間も長引く。欲しいクルマを注文して、納車をゆっくりと待てるユーザーは意外に少ない。   そこで気になるのが「RAV4 PHVに1年近く待つだけの価値はあるのか? 」ということだ。ライバル車との比較を交えながら考えてみたい。

【関連記事】