Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リーガで成長していた家長昭博。 自信があった2年目に事態は急転する

配信

webスポルティーバ

リーガに挑んだ日本人(8)  2010年2月、リーガ・エスパニョーラ。日本が世界に誇るレフティー、中村俊輔(横浜FC)でさえも撤退を余儀なくされていた。その次のシーズン、Jリーグで無双だった左利きMFが果敢に足を踏み入れている。入団したクラブは、かつて大久保嘉人(東京ヴェルディ)が在籍したマジョルカだった。 【画像】久保より20年前、アトレティコと契約した日本人少年 「スペインに行く前は、正直、"中村さんみたいな人でも苦しみ抜いたスペインって、どんなもんや"とビビっていました」  家長昭博(川崎フロンターレ)は、入団当時の心境を明かしている。  彼の過ごしたスペイン時代とは、何だったのだろうか?  2010年12月、セレッソ大阪の家長は当時リーガ1部のマジョルカと契約を結んでいる。登録の関係でデビューは2月にずれ込んだが、試合ごとに評価を上げていった。4月のセビージャ戦では初得点を記録し、同月のヘタフェ戦でもゴールを決めた。 「最初はパスが回ってきませんでしたよ。でも、いい動きをしてパスを引き出すと、周りが認めてくれる。その積み重ねですね」

家長は悪くない感触を得る一方、同時にこうも語っていた。 「マジョルカだけを見ても、技術がある選手なんてごまんといます。ボールのスピード、ゲームスピード、人の強さ。リーガは何から何まで違いますね。基本的にどんな状況でもパスをつなげるし、無駄なクリアがない。だから守備をしているとしんどいですよ。ちゃんと追わな、ボールを取れへんから。Jリーグなら、寄せるだけで取れることもあるんですけどね。こっちの当たりはめちゃ強い! 日本ではあまり当たり負けしませんでしたが、スペインでは同じ体勢なら負けます。当たらなくてもいいポジションをとることが、大事なんやと痛感しました」  練習、試合を重ねることで、家長は着実な成長を示していた。14試合出場2得点。それが1年目の成績だが、悲観する数字ではない。大久保のように華やかな印象が残らなかったのは、終盤の1部残留争いで出場時間を減らし、最終節も出場がなかったからだろう。 「チャンスを作り出すセンスは天性のもの」

【関連記事】