Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今年の24時間テレビは両国国技館で無観客&チャリティーマラソン中止…メインパーソナリティーにV6の井ノ原快彦

配信

中日スポーツ

 来月22、23日に開催される日テレ系チャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」のメインパーソナリティーの一人が6日、同局系情報番組「スッキリ」で発表された。メインパーソナリティーのキャプテンにV6の井ノ原快彦(44)が決定。同番組に生出演した井ノ原は「ちょっと前にあなたがキャプテンです、と言われまして。年齢的にも一番上なんですよね」とまとめ役として力を込めた。  井ノ原がメインパーソナリティーを務めるのは2015年に続いて3回目。今年の同番組のテーマは『動く』。新型ウイルスの影響をかんがみて、井ノ原は「動いちゃダメでしょ、と言う思いもあった。思考停止しちゃ行けない、というところで工夫のところから‘’動く‘’が始まってるのかなと」とコメント。これまで通りのことができなくなった今、出演者・スタッフ心をひとつに“43回目”ではなく“新しい日常での1回目”という決意で新たな24時間テレビを届ける。  今年の同番組は新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、東京・両国国技館にて無観客で開催される。なお、今年は名物の公道を使ったチャリティーマラソは実施しない。井ノ原以外のメインパーソナリティーは、世代もグループも超えた5人で、井ノ原は「ほかのメンバーは20代も、30代もいて、僕は40代」と話した。詳細については、昼の情報番組『ヒルナンデス!』で明らかになる。

【関連記事】