Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

微妙な沈黙、参加者が別の作業…「オンライン会議」のモヤモヤ、これで解消!【コミュニケーション編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
kufura

コロナウイルス感染拡大の影響が続いています。それに伴い、「Zoom」や「Microsoft Teams」「Google Meet」などのツールを使って、取引先や同僚との“オンライン会議”を頻繁に行っている職場も多いのではないでしょうか。 今回は、kufuraで【「なんだか品がいい」と言われる女性のビジネスマナー】を連載中の、ビジネスマナーを専門とするライフスタイリストの北條久美子さんに、2回にわたってオンライン会議の基本知識や円滑なコミュニケーション方法についてうかがいました!

便利だけど、沈黙に言葉のかぶり…オンライン会議の難しさ

1回目は、「コミュニケーション編」です。オンライン会議を活用している方からは「やっぱりオンラインだとやりにくい」「対面の打ち合わせのようにうまくいかない」「沈黙が流れてしまった」「話すタイミングが他の人とかぶってしまう」といった声が頻繁に聞こえてきます。 これまで多少のやりにくさには目をつぶってきた方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら先行き不透明な状況はまだ長引くことが予想されています。出張や対面での打ち合わせの代替手段としてオンライン会議を活用する時期は続きそうです。 そうあれば、できるだけ参加者が気持ちよくコミュニケーションを取ることができる方法を探っていくことが、仕事の質やモチベーションの維持にもつながるのではないでしょうか。 北條さんは現在、オンラインの社員研修を担当しているほか、会議にも多数参加されています。今回は、ライターの北川、kufura編集部の加藤の2名で北條さんに“オンライン取材”でお話を伺いました。

オンライン会議前に準備しておくことは?

―まず、スムーズにオンライン会議を始めるためにどんな準備をしたらいいでしょうか? 北條久美子(以下、北條):オンライン会議の前にはカメラ映り、マイク、身だしなみをチェックしておきます。 会議が始まってからバタつかないように、共有する資料などはすぐに用意できるようにしておきましょう。 会議の主催者(ホスト)であれば、定時よりも少し早めにオンライン会議を立ち上げておき、参加者の訪問を待ちます。 参加者は入室後、定時になったらカメラとマイクをオンに切り替えて会議がスタートです。

【関連記事】

最終更新:
kufura