Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

美しすぎる!「愛していると言ってくれ」トヨエツに落ちる人が続出

配信

シネマトゥデイ

 2020年特別版として4週連続放送中(一部地域を除く)の名作ドラマ「愛していると言ってくれ」。25年前の作品ながら「色あせない」と評判を呼ぶ中、豊川悦司の美しさに魅了される人が続出している。 美しすぎる…トヨエツ【写真】  「愛していると言ってくれ」(1995年、TBS系)は、豊川と常盤貴子が共演するラブストーリー。北川悦吏子が脚本を手掛け、幼い頃に聴覚を失った画家・榊晃次(豊川)と、アルバイトをしながら劇団で演技の勉強を続けている女優の卵・水野紘子(常盤)の純愛を描いている。

 最終話で最高視聴率28.1%を記録し、DREAMS COME TRUE の主題歌「LOVE LOVE LOVE」は約250万枚を売り上げる大ヒットに。運命的に出会った晃次と紘子が手話で心を通わせていき、時にすれ違いながらも思いを伝え合う姿に視聴者は引き込まれた。

 5月31日から4週連続で放送されている今回の特別版でも、作品の持つ魅力に惹かれる人は多く、SNSなどでは「名演」「切なくてキュンキュンする」と大好評。特に、聴覚障害がある画家・晃次にふんした豊川は、甘いマスクにすらっとした長身で「立っているだけで美しい」「笑顔の破壊力」と惚れ惚れする人が後を絶たない。

 他にも、流れるような手話や、胸元が開いたシャツ姿も注目されており、「尊い」「爆イケ」「色気がだだ漏れ」と大絶賛。常盤の美しさと共に、改めて豊川のカッコ良さに驚く声が毎週の放送ごとに上がっている。

 21日はいよいよ放送最終週。最終回「僕の声」までの計3話が午後2時から放送される。特別企画として行われている豊川と常盤のリモート対談で語られる、撮影秘話も楽しみだ。(編集部・小松芙未)

【関連記事】