Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】乳がん予防で乳房を切除!? 怖いけど本当に効果はあるの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが行ったことで話題になった「予防的乳房切除術」。乳がん発症のリスクを減らすために、病気が発症する前に乳房にメスを入れる手術ですが、まだ乳がんではないのにメスを入れるというのは、とてもリスクが高いようにも感じます。実際に得られるメリットは本当に大きいのでしょうか? 桜新町濱岡ブレストクリニックの濱岡先生、教えてください! [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 濱岡 剛先生(桜新町濱岡ブレストクリニック 院長) 兵庫医科大学、神戸大学大学院医学研究科を卒業後、淀川キリスト教大学や兵庫県立がんセンターの外科に入職。2002年にアメリカのがん研究センターに留学。帰国後、聖路加国際病院の乳腺外科に勤務、研鑽を積む。2009年に桜新町濱岡ブレストクリニックを開院。乳がん死亡率を低くすることを理念とし、日々の診療に臨む。日本乳癌学会乳腺専門医、マンモグラフィ読影認定医などの資格を有する。

予防的乳房切除術は乳がんになる可能性の高い人が行う手術

編集部: アンジェリーナ・ジョリーさんの発表で耳にすることが多くなった「予防的乳房切除術」とは実際どういうものなのですか? 濱岡先生: 一言で言うと「乳がんの発症リスクを抑える手術」です。乳がんとは乳房の中にある乳腺に、悪性腫瘍ができることを言います。そのため、予防的乳房切除術は乳がんになる前に、乳房の中にある乳腺を取ってしまう手術になります。 編集部: 乳腺を取るということは、表面の乳頭や皮膚は残るのですか? 濱岡先生: 「予防的乳房切除術」では乳頭や皮膚をすべて残して内部の乳腺のみを切除します。乳がん治療における手術は皮膚の一部や乳頭を切除する「胸筋温存乳房切除術」や、皮膚や乳頭を残して乳腺だけを切除する「皮下乳腺全摘術」という方法もあり、病状や患者さまの意思に応じて選択されます。 編集部: 乳腺を切除して、見た目的にはどうなるのでしょう? 濱岡先生: 切除の手術と同時に乳房の中にシリコンを入れて、見た目を再建していくことがほとんどです。最近は皮膚の縫い目も目立たなくするので、術後は一見手術をしてないように見えます。 編集部: このような手術はどういう人が行うものなのですか? 濱岡先生: 予防的乳房切除術を行うには下記のような条件があります。 ご自身・ご家族の方で ・40歳未満で乳がんを発症した方がいる ・年齢を問わず卵巣がんの方がいる ご家族の方で ・乳がんを発症された方が3名以上いる ・2個以上の乳がんを発症された方がいる ・男性乳がんの方がいる ・トリプルネガティブの乳がんと言われた方がいる ・遺伝性乳がんと言われた方がいる 上記の条件に当てはまると、採血による遺伝子検査を行います。検査の結果、BRCA1とBRCA2という遺伝子に異常があった場合、乳がんになる可能性が高いため、「予防的乳房切除術」を検討します。

【関連記事】