Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【50代の悩み・夫の加齢臭】夫のニオイなんとかしたい!なぜ臭うの?対策方法は?

配信

集英社ハピプラニュース

鼻にくる特有の刺激臭。その正体である加齢臭は、誰にでも迫りくるエイジング現象ではあるものの、食事やライフスタイルしだいで濃度は大いに変化します。妻が夫のためにできるわき臭・頭皮臭・首まわり臭・口臭・足臭の傾向と対策をご紹介。まわりの人々に伝わる前に、夫のニオイを完封しよう。 【写真】50代からのお悩み ●教えてくれた人… 五味常明先生 五味クリニック院長。医学博士。体臭・多汗研究所所長も務める、日本随一の体臭の権威。

なぜ臭うの?夫の臭いが気になる理由

もはや、知らぬ存ぜぬではいられないほど、気になってきた夫の臭い。加齢によるものだとわかっているが、加齢は止められないというわけで臭いのほうを抑制するべく、その傾向と対策を学ぶ。 ~ピークを迎えた加齢臭、体の内外から予防せよ!~ 体臭の専門家・五味先生によると「加齢臭のピークは、40~50代。発生源になるのは、皮脂腺から出るノネナールという老化物質です。皮脂腺は体毛のある部位に存在する脂を出す腺ですが、中高年になると食用油が酸化して古くなるのと同じように、皮脂腺の中に活性酸素が増えて皮脂が酸化。過酸化脂質となって脂肪酸を酸化分解し、臭い成分のひとつのノネナールを発生させるんです」。  廃油やブルーチーズなどにたとえられることが多いその臭いは、むんっと鼻につく刺激臭。しかし、実は「ノネナールそのものは、さほど不快な臭いではない」と五味先生。「汗に含まれるアンモニアや、汗の中の乳酸を細菌が分解して出すジアセチルとノネナールが結合すると、不快な臭いになる。ここに関与するのが、加齢です。汗の原料は血液で、汗腺には血管から血液を汲み取って、汗として排出する際、体に必要な成分を血液中に再吸収するろ過機能があります。この機能が加齢で低下すると、血中に毒素などの成分が残留。ノネナールと結合しやすい濃い汗になって、加齢臭を強くするわけです」  もともと、汗や皮脂腺の分泌を活発にする男性ホルモンの影響で、男性は女性より加齢臭が出やすい。そこに追い打ちをかけるのが、これまた男性に多く見られがちなメタボだ。 「メタボの人は脂肪を体内にため込んでいるので、加齢臭が強くなります。つまり、加齢臭は不健康のサイン。臭いの予防は、メタボの予防でもありますので、抗酸化作用のある食事を摂取し、活性酸素を増やすストレスや運動不足は解消するようにしましょう。また、加齢臭の大いなる問題は、他人に伝わることですので、体内からの予防はもちろん、臭いの発散を防ぐ外からの消臭も大事。加臭臭はわき、頭皮、首まわりといった皮脂腺の多い場所に発生しますが、じわじわと出てくるうえ、臭いに慣れてしまうと自分では気づかない場合も多い。そばにいる奥さまがぜひ、生活全般でサポートしてあげてください」

【関連記事】