Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

矢野監督は外国人に毅然とした態度を取れるか? それが阪神の今後を決める/廣岡達朗コラム

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

「文句があるのならメジャー・リーガーになれ」

 シーズン序盤を見る限り、少なくともセ・リーグは「野球」をやっていない。外野手はなぜ山なりのボールを内野手に返球するのか。矢のような球を投げればいいではないか。そこで必要性があれば内野手はカットするのであって、中継を前提にしたボールを返していたら外野手の肩が弱くなるのは当然だ。その中で、広島の鈴木誠也は全力で返球する。その点は褒めてやっていい。ここ数年の実績も認めるべきものがある。ただし、勘違いしたような言動があれば首脳陣は遠慮せずに注意すべきだ。なぜか。プロの姿勢はすべてアマチュアがマネをするからだ。  阪神は開幕カードで巨人に3タテを食らうなど序盤で不調が続いた。責任は矢野燿大監督にある。阪神には、どちらかというと悪い選手はいない。したがって矢野監督は、選手を怒るより、選手に暗示をかけて希望を持たせるためにコーチを怒鳴りつけるべきだ。ミスをした選手はどこかで負い目を感じているから、自分が失敗したのにコーチが怒られていると思うと、そこで物を考える、その想像力を喚起させることが大事なのだ。  阪神に関してはもう一つ、昨年まで四番を張っていた大山悠輔をなぜ代打でしか使わないのか、と開幕当初は思っていた。外国人と競わせた上で使う腹かもしれない。だが、それは違う。外国人は、本質的に金を稼ぎに日本に来ている。だから監督は「文句があるのならメジャー・リーガーになれ。お前を獲得したのは、このチームが勝つことを目的としたものだ。そこを理解してくれたらうれしい。3割を打って金を儲ければそれでいいという外国人は要らない」と言うべきだ。そうすると外国人というのは、この監督はこういう考え方をしているのかと納得して、初めてイエスサーと従うのだ。  私がヤクルトの監督時代、マニエルが守備を疎かにしていたので試合終盤に代えた。アメリカでの途中交代は欠陥商品の証明のようなもの。だから怒る。しかし、同情していたら勝てない。そこで私はあらかじめ球審に交代を告げて既成事実を作った。そうすれば、怒ろうが喚こうが退かざるを得ない。試合後にマニエルを呼んで「失礼なことをした」と詫びた。彼が今後の起用法を尋ねてきたため、私は「また怒らせてはいけないから今後はいっさい使わない」と断言した。すると、マニエルは「使ってもらわないと仕事にならない」と泣きついた。「ならば守備をうまくなれ」と言うと、返ってきたのは「イエスサー」だった。多民族国家であるアメリカ人はルールによって規制される。つまり、ルールに弱いのだ。

【関連記事】