Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナが生んだ「新たな格差」失業者たちの未来はどうなる?

配信

週刊SPA!

 コロナショックによって、世の中のかなりのものが実は不要不急であり、なくても別に生きていけるという認識になってしまい、「総去勢社会」になっていくような恐怖に似た感覚になりました。  今まで非正規労働者が支えていた旧来型のエンタメ産業(飲食、ホテル、ファッション性の高い小売、イベント関連など)は人間の生活を豊かにするためにも必要なものだとされてきたはずでした。しかし、それが「プチ贅沢」という位置づけにされたため、実質的な失業者が増大しました。

カネがかからない「そこそこの楽しみ」が選ばれる

 どんな環境にあっても楽しむ人、悲観する人というタイプはいますが、中間のどちらでもなかった人のうちの一定層が、「大人しくしているだけでもまあまあ過ごせるので、それを好む・選ぶ」という認識になった感があります。  より正確にいえば、「それで節約できて、お金の点で少しでも安心できるなら……」が判断基準として優位になってきています。ディズニーランドに行くのも楽しいけど、近所の公園でもまあまあ楽しい。前者もタダならいいのですが、家族3、4人で2万~3万円もかけるのならば、後者を選ぶということです。  飲食も「宅飲み」は安あがりだけど、誰かが準備や後片付けで面倒くさい思いをするうえに騒音に気を使わなければなりませんでした。でも、「オンライン飲み」は飲食を各自で好きなようにできるし、安くて手間いらずで、そこそこ楽しく移動時間も場所の制約もなく、むしろ「理想的」と感じる人が出てきています。  カネをかけて100の楽しみを追求するならば、カネをかけずに70で十分という体験を、いろいろな人がコロナショックをきっかけにトライアルしてしまったことが、大きな節目になりました。そして、それはなんといってもお金に対する将来不安が後押ししています。  地方から都心に出てきた人は改めて家賃の無慈悲な破壊力にも気づきました。今後、実家へ戻る若年層が増えていくと予測しています。  都心から地方に戻ろうとすれば、人口減少問題や地域創生課題もあって地元は歓迎してくれます。以前なら「夢を追え」とか「ケチ」とか言われたことが、「まだ大地震も起こっていないし、バブル崩壊、リーマンショック、コロナショックのような事件が今後も起こりうるから備えないと」と合理的な姿勢と捉える人が増えてきました。

【関連記事】