Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富川悠太アナ『報ステ』での“公開処刑”謝罪と「感染=犯罪」助長の不安視

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「感染した人=悪人」という誤解を助長させてしまう

 多くの視聴者に“そうじゃない感”を与えてしまった昨日の放送。なかには、「反省は必要だが、謝罪は違うのでは?」と言う声も。 「彼の“反省点”はこれから私たちがコロナと共存していく上で必要な情報かもしれません。でも、反省と謝罪は別。番組としてそんな意図はなかったとしても、これでは見ている側に“感染した富川アナが悪かった”という印象を強く与えてしまう。テレビに出ている彼がそんな公開処刑のような扱いをされてしまうと、コロナ禍で問題視された感染者=犯罪者扱いといった誤った認識を助長させてしまうのではないかと心配です」(スポーツ紙記者)  最後に、「今後は初心に戻り、ニュースに地道に向き合っていきたい」と言い、現場取材にも出たいとコメントした富川アナ。今回の謝罪、そしてその誓いはいったい、誰に対するものなのか。今後、富川アナ、そしてテレビ局に求められるものはーー。

【関連記事】