Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GoToトラベル始まる 観光客にも温度差「わかりにくい」「利用して息抜きを…」 静岡・熱海市

配信

静岡朝日テレビ

 新型コロナで打撃を受けた観光業を支援するGoToトラベルがきょうから始まりました。直前に制度が見直されるなど「見切り発車」ともいえるスタートに、観光地では期待と不安が交錯しています。  首都圏から多くの観光客が訪れる県内有数の観光地・熱海。新型コロナの影響で、これまで閑散としていた駅前の商店街にも、少しずつ観光客の姿が戻ってきました。  しかし、きょうから始まったGoToトラベルには、観光客の間でも温度差があるようです。 GoTo未使用(愛知から):「具体的な内容やどうやってやるとか、何が対象とか、はっきりわからないまま期間になったので、ちょっとわかりにくかった」 GoTo未使用(神奈川から):「もうちょっと周りの状況を見極めて、ちゃんとした形で始めた方がよかった。ちょっと時期尚早」  GoToトラベルは、旅行需要を喚起するため政府が旅行の費用の最大2分の1相当を補助するものです。  しかし、国がキャンペーンの開始を大幅に前倒ししたことや、東京に住む人と東京を目的とした旅行を直前に対象外にするなど、国の対応に批判の声も上がっていました。  実際に割引を申請したこちらの男性は…。 GoTo使用(埼玉から):「連れがやったので、僕はなにもやっていない。できるものは利用して、ちょっと息抜きしたい」  首都圏では再び感染者が増加しています。観光客を迎え入れる土産店も気持ちは複雑です。 干物店代表:「こういう企画自体は構わないが、もう少しタイミングを計って全国公平にやった方がいい。うちもこういう商売をしているから対応しないといけない」