Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

玉木宏は本当の鬼になれるのか? 『竜の道』西郷輝彦が突きつける最後の試練

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 最終話まで残すところあと1話となった『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)第7話。復讐計画もいよいよクライマックス。竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、霧島源平(遠藤憲一)を殺人者に仕立て上げるという強行に打って出る。政界・財界にも顔の利く裏社会のフィクサー曽根村(西郷輝彦)宛に源平から殺しの依頼が入るように仕向け、その証拠映像を手渡してもらう手筈だった。しかし、曽根村は源平からの殺人依頼を実行しようとし、それに気づいた竜一が止めに入る。 【写真】松本穂香インタビュー撮り下ろしカット  これが決定的な筋書きミスとなった。曽根村は証拠映像と引き換えに、竜一に殺人依頼を代行するように迫る。曽根村の真意はどこにあるのか、竜一とのこれまでのやり取りから考察してみたい。  「お前が描いた通り、復讐劇は進むかな」と展開を俯瞰していたかに見えた曽根村だが、竜一が殺人計画を阻止することは、長い付き合いから彼の情深さを熟知していた曽根村にはいとも簡単に予期できていたはずだ。しかも、竜一に証拠映像を渡す約束の時間に遅れ、敢えて不信感を持たせて、現場に駆けつけさせるように仕向けたかにさえ思える。  曽根村は以前「よくもお前もそこまで保つなぁ。普通の人間は復讐心を持続させられない」と竜一のタフさ、執念深さについて感心していた。一方で、「弟や妹のように守るべきものがいるってのは復讐計画の上で足かせにもなる」と、自身のおそらく生き別れた息子について少し触れた上で、過去に何か苦い経験があったかのように匂わせてもいた。もしかすると、曽根村にも「アキレス腱」を守ろうとしたがために大きくしくじった過去があるのかもしれず、裏社会に全ては染まり切ってはいない、弟と妹のことになると途端に冷静さを欠く竜一とかつての“甘かった自分”が重なって、歯痒いのかもしれない。  一方で、竜一の復讐計画を「自分が死ぬまでの暇つぶし」だと言い放った曽根村も、彼を通して最後の最後に試したかったのかもしれない。復讐のために戸籍を捨て、顔も本名も捨てた竜一が、計画完遂のために最も大事なもの「弟や妹との心の繋がり」までをもかなぐり捨てて、本当の鬼になれるのか。以前、竜二に興味を持った曽根村に「弟にも1度会わせろよ」と言われた竜一だったが、その場で有耶無耶にしていた。  竜二に「曽根村からも手を引け」と言われていたこともあり、かつ自分とは違い「表の道で正々堂々と生きていてほしい」と願う竜二を自分側の世界に引きずり込むことだけはしない、こちら側の世界との接点を絶対に持たせはしない、その竜一の信条が決壊することはないのか。これもまた曽根村の興味をそそる点なのだろう。  そもそも、竜一が整形して最初に生まれ変わった斉藤一成だった頃に、彼を焚きつけ和田猛にさせたのは曽根村の「圧倒的な力と、圧倒的な金、どっちもねえなら恨みなんざ忘れるしかねえな」という一言だった。  そこからおそらく曽根村の予想を上回るロンダリングを果たした竜一が、それでもなお手をつけず汚すことのなかった竜二や美佐(松本穂香)との関係、また2人の兄であるという意識からくる自身の中で絶対に越えてはいけないと設けている一線。あと一歩で復讐が成功するとなった場合に、竜一が全てを差し出せるのか、それを曽根村は見届けたいのかもしれない。できっこないことを提示して竜一に復讐から手を引かせようとしたとも受け取れるかもしれないが、それよりはやはり竜一に「復讐完遂」と「兄としてありたい姿」の両立は無理だと覚悟を問うているように思えてならない。  巨大ヤクザ組織の会長・曽根村までもがここまで関わってくると、一体どんな幕引きとなるのか。次週は2時間スペシャルの最終回。曽根村が「人間は目の前の感情に囚われて目的を見失っていく」と話していたが、そろそろ我々もどんな結末を迎えようとしっかりと見届ける覚悟を持たねばならぬときが来たようだ。

楳田 佳香

【関連記事】