Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菅新総裁を緊急霊視! 霊能者・山口彩氏「日本は暗闇です」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東スポWeb

 自民党新総裁に決まった菅義偉官房長官(71)を、霊能者の山口彩氏(年齢非公表)が〝緊急霊視〟した! 14日に新総裁に選出された菅氏は、16日召集の臨時国会で、第99代内閣総理大臣に指名される。だが、問題なのは、いったいどんな日本にしてくれるか、だ。山口氏の目に映るのはズバリ〝暗闇〟。さらには、意外な死角もあり、新政権のかじ取りは波乱含みになるという。 「安倍政権とそんなに変わらないですよ」  開口一番、山口氏は淡々とそう言い放った。  安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選。総数535票中、岸田文雄政調会長の89票、石破茂元幹事長の68票に大差をつける377票で菅氏が圧勝した。7派閥中5派閥が菅氏支持に回るという〝出来レース〟に、冷ややかな声は少なくないが、それは〝ミエナイセカイ〟も同様だ。 「安倍さんがやってきたことを引き継ぐだけですからね。日本は今、あらゆることが行き詰まっています。変わらなければならないのに、残念ながら菅さんではほとんど変わらない。流れを変えるとしたら石破さんでした。変化がない、ということは、日本にとっては暗闇を意味するんですよ」  山口氏によると、菅氏は裏方に回って力を発揮するタイプで、本来は表に出てきてはいけないという。安倍政権が7年8か月も続いたのも、菅氏が裏で根回しし、つゆ払いしてきたからこそ。にもかかわらず、首相という前面に立つ立場になればどうなるのか。 「最も心配なのは発言です。冷静な口調のようでいて意外に危ない。これまでのように言い切って逃げる、みたいなことはできなくなる。首相になれば説明責任を問われ、そこを追及されると政権の死角になるでしょう」  確かに今回の総裁選でも、消費税の税率引き上げに前向きな姿勢を示すと炎上。「今後10年ぐらい上げる必要はない」と釈明に追われた。また、自衛隊について「憲法の中で否定されている」と政府の公式見解と異なる発言をして、翌日に訂正するなど、不安な場面があった。  問題はそれだけではない。霊視をすると、何と次の次の首相も菅氏になると山口氏は断言するのだ。 「今回実績を積ませて、総選挙後に改めてまた自民党は菅さんを担ぐでしょう。石破さん? 今後総裁になることはありません。岸田さんもない。ほかに総裁に意欲を燃やしている野田(聖子)さんや稲田(朋美)さんもなることはありません。(小泉)進次郎さんは、奥さん(滝川クリステル)の運気が強すぎて落ちていっている。面白いのは河野太郎さんかな」  最後に山口氏は「菅氏は周囲の言うことを聞かなくなるので、側近たちは苦労するでしょう」と予言して、緊急霊視を締めくくった。

東京スポーツ

【関連記事】