Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

次に狙うは王位、そして最年少での二冠 将棋の藤井七段が17歳11カ月でタイトル獲得

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 将棋の第91期棋聖戦5番勝負の第4局が16日、大阪市の関西将棋会館で指され、高校生プロの藤井聡太七段が渡辺明棋聖を破り、3勝1敗で初タイトルとなる棋聖を獲得した。史上最年少となる17歳11カ月のタイトル保持者が誕生した。これまでの記録は1990年に棋聖を獲得した屋敷伸之九段の18歳6カ月だった。  藤井七段は中学2年だった2016年10月に史上最年少の14歳2カ月でプロ入りして以来、次々と最年少記録を塗り替えてきた。藤井七段以外に中学生でプロ棋士になったのは羽生善治九段ら4人。いずれも何度もタイトルを獲得している将棋史に名を残す〝レジェンド〟ばかりだ。(共同通信=榎並秀嗣)  ▽初挑戦で初タイトル  藤井七段より前に中学生プロ棋士になったのは、加藤一二三・九段(14歳7カ月)と谷川浩司九段(14歳8カ月)、羽生九段(15歳2カ月)、渡辺明・二冠(15歳11カ月)。このうち、谷川九段と羽生九段の2人が初挑戦でタイトルを獲得した。

 谷川九段は1976年にプロ入りした。21歳だった83年の第41期名人戦で加藤九段と対戦。4勝2敗で名人を獲得した。翌年も名人位を防衛すると、タイトルを次々と得る。これまでの獲得期数27は歴代4位だ。  初タイトルとなった名人戦はこれまでに5期保持し「17世名人」の資格を得ている。これは引退後に襲位する。  羽生九段は85年にプロ入り。89年に初めて挑戦した第2期竜王戦を19歳で制した。90年代に入ると圧倒的な強さを見せる。96年2月には将棋界で初の全7タイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)を独占した。  2017年12月の竜王戦で勝利して「永世竜王」の資格を獲得。永世称号の規定がある七つのタイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)全てを手にする「永世七冠」を史上初めて達成した。  通算獲得期数は歴代1位の99を数え、前人未到の通算100期の実現に期待が掛かっている。19年6月に1433勝を挙げて、故大山康晴15世名人の記録を27年ぶりに更新した。日本将棋連盟のホームページによると、7月16日現在で通算勝利数を1461まで伸ばしている。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS