Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<高校ラグビー>記念大会で今大会の代表は2校 2ブロックでトーナメント、出場33チーム対戦は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 ラグビーの第100回全国高校埼玉大会(埼玉新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が21日、熊谷ラグビー場で行われ、出場33チームの対戦カードが決まった。今大会は記念大会のため、埼玉代表が1増の2校となる。第1、第2の各ブロックに分かれてトーナメント方式で行われ、各ブロックの優勝校が全国高校大会(12月27日~来年1月9日・花園ラグビー場)に出場する。 ラグビー・パナソニックワイルドナイツ移転、熊谷に宿泊施設など整備 ファン引き付け、地域活性化にも期待  抽選会は新型コロナウイルス感染防止を図るため、主将ら選手は参加せず、各チームの顧問教諭が出席。シード校は第1、第2ブロックに割り振られ、県新人大会の4強がAシード(第1~4)、同8強がBシード(第5~8)に収まった。  新人大会を制した川越東が第1シードとなって第1ブロックに入り、3年ぶりの優勝を狙う昌平が第2シードで第2ブロックになった。第3シードは正智深谷で第2ブロック、第4シードは前回王者の浦和で第1ブロックに割り振られた。  第5シード(第1ブロック)は深谷、第6シード(第2ブロック)に熊谷。城西大川越が第7シード(第2ブロック)、川越が第8シード(第1ブロック)になった。  合同チームは、昨年と同数の3チームが出場。選手宣誓は、くじ引きで浦和工の冨田星七(せいな)主将に決定した。9月5日に予定されていた開会式は行わず、選手宣誓は同日にテレ玉で放送する出場チーム紹介番組内で事前に録画した映像が放映される。  試合は原則、無観客。大会は同27日に各ブロック1回戦から始まり、同決勝は11月14日、同ラグビー場で行われる。

■初の栄冠目指す/第1シード・川越東

 県新人大会で初優勝した川越東は、創部34年目で初の頂点を視界に捉える。「目指すは優勝。昨年の雪辱を果たしたい」と望月監督。昨秋の埼玉大会は準優勝で、花園切符をあと一歩で逃した悔しさをぶつける。  新人大会を制して春の全国高校選抜大会の出場権を手にしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会は中止。続く関東大会県予選も取りやめとなり、実戦感覚は乏しい。だが、少しずつ状態を上げており、指揮官は「けがもなく、うまく練習できている」と、悲願達成を見据えた。

【関連記事】