Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「どうせ治らないのなら、死んだ方がマシかな」46歳で若年性アルツハイマー型認知症になった下坂厚さんに聞く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

取材・文/坂口鈴香 朝のルーティン コーヒーとパンで 朝食をとりながら 新聞を読む ざーっとひと通り記事を読むけど 読み終える頃には どんな記事だったかなんて ほとんど覚えていない(笑) どんなパンを食べたかも 覚えていない これもルーティン(笑)

買い物の合計が 577円 だけど、認知症になってから 簡単な計算が難しくなって わからないので レジの機械にサイフの小銭全部入れる 774円 足りたかな? いつもこんな感じ 認知症は物忘れだけではないんやね pay payとかキャッシュレスだと 助かります(笑) これらの写真をインスタグラムに投稿したのは、京都市に住む下坂厚さん(46)。昨年8月に、若年性アルツハイマー型認知症と診断された。

46歳で若年性アルツハイマー型認知症に

下坂さんは、大手チェーンの魚屋で働いていたが、独立。仲間が社長となり、魚屋を立ち上げたところだった。仕入れや仕込みなど、毎日朝5時から夜10時まで働き、休みは週1回あるかないか。それでも毎日が充実していた。 そんなころ、物忘れが目立つようになった。 「エビの盛り付け数を数えるのに異常に時間がかかったり、注文を忘れたりする。通勤ルートも間違えるようになりました。仕事が忙しくて疲れているのかなとも思いましたが、あまりにおかしい。近くの医院を受診したところ、認知症専門医のいる病院を紹介されました」 検査の結果、若年性アルツハイマー型認知症だと告げられた。 「妻には内緒で受診していたので、あとで伝えました。ショックなんていう言葉では足りません。僕も妻も絶望感でいっぱいでした」 職場の仲間には迷惑をかけられないと思い、仕事は辞めることにした。 「社長は立ち上げからの仲間だったので、配慮してくれましたが、自分のこれまでのキャリアや立場を考えると、フォローしてもらいながら仕事をするよりは身を引いた方がよいと思ったんです」 まだ46歳。家のローンもあった。 「経済的な不安も大きかったですが、病気がこれからどうなっていくのかが一番不安でした。ネットや本で病気について調べると、『若年性アルツハイマー型認知症は約2年で寝たきり』とか書いてあって、絶望感しかありませんでした。どうせ治らないのなら、死んだ方がマシかな、なんて思いました。死んで、保険金でローンが返せるのかなとか、暗いことばかり考えていました」

【関連記事】