Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤマダ、スチームトースターのガラス窓が割れる事例が発生。自主回収

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

ヤマダホールディングスは、2020年8月20日~10月8日に販売したスチームトースター「NSK-S14H1」において、製品前面の「ガラスまど」が割れる事例が発生したため、対象製品を自主回収すると発表した。 【この記事に関する別の画像を見る】 対象製品は、ヤマダ電機のオリジナル商品「YAMADA SELECT(ヤマダセレクト)」の「SERIE NOIR(セリエ・ノワール)」シリーズから発売したスチームトースターで、型番は「NSK-S14H1」。対象台数は323台。製品表示部で型番を確認できる。 製品を所有している場合は、ヤマダデンキの従業員が自宅まで回収しにいくため、相談窓口に電話をするよう案内している。電話番号などの詳細は同社のお知らせページで確認可能。

家電 Watch,大塚 愛理

【関連記事】