Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

HKT48がレッスン場からの配信限定LIVEを初開催、森保まどかがサプライズ登場でピアノ披露

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

HKT48が、7月5日にレッスン場からの配信限定LIVE「HKT48THELIVE~STUDIOLIVESONG」を初開催した。 【写真】配信限定LIVE「HKT48THELIVE~STUDIOLIVESONG」の様子 本公演は、3月31日(火)に福岡市内のホールで開催した「ただいま恋愛中」配信限定公演以来、約3カ月ぶりのステージ。新型コロナウイルス感染拡大防止の為、出演メンバーは今回のライブに向けて開催した「ボーカルセレクション」で決定した9名のみ・3名ずつの出演で、通常の劇場公演とは異なる内容に変更し、ソーシャルディスタンスを確保した形で開催した。 また、森保まどかがピアノ演奏でサプライズ出演した。 冒頭では、ボーカルレッスンを受けるメンバーのメイキング映像が流れ、1曲目は坂口理子、坂本愛玲菜、村重杏奈による13thシングル『3-2』のカップリング曲『青春の出口』からスタート。坂本愛玲菜は「皆様に会える日はいつかな、と(思いながら)みんなで少しずつレッスンを積み重ねてきました。たくさんの皆様に感謝の気持ちとエールを込めて、精一杯楽しい時間をお届けできたらと思います」と挨拶。続いて3名ずつメンバーが入れ替わり、全4曲を披露した。 『桜の木になろう』と『あなたがいてくれたから』の2曲は、森保まどかがサプライズ出演し、ピアノの音色を響かせ、森保のピアノ演奏にメンバーも「まどちゃんのピアノで歌えてすごくうれしい!」と笑顔をみせた。 最後の曲が終わると、感極まったメンバーから涙が。坂口理子は涙ながらに「会えない時間もSNSなどで皆さんがコメントをくださったり、配信を見に来てくださることが本当に支えになりましたし、それと同時に直接、皆さんの前で歌ったり踊ったりしたいなという気持ちが込み上げました」とこの期間を振り返り、「(あなたがいてくれたからという楽曲は)今見てくださっているファンの皆さんがいてくれたから、今日までやってこれたんだよ、というメッセージでした。この気持ちが皆さんに届いていれば嬉しいなと思います」とファンの方へ感謝の気持ちを伝えた。

ENTAME next編集部

【関連記事】