Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ感染拡大に伴う登山自粛意識調査。登山自粛要請を支持しますか?

配信

YAMAKEI ONLINE(ヤマケイオンライン)

ゴールデンウィーク直前、山岳四団体は「登山自粛要請」を発表。そのとき、登山者は何を考えどのような行動をとっていたのか、アンケートを取り、登山者の実態に迫った。 【画像】谷川岳・一ノ倉沢の豪快な地形 ※本調査は、ヤマケイオンラインにて2020年5月8日~5月15日に実施。回答者数1999人(男性1305人、女性694人)だった。 ■山岳4団体が発表した登山自粛要請を支持しますか? 今回の調査では山岳四団体の声明を支持する声が圧倒的多数を占めた。約8割の人が支持すると回答。行く末の見えないコロナ禍を警戒する人が多かった。 一方で、約6%の人 が「支持しない」という立場にいることは 注目すべき点だ。少数意見となった反対意見だが、本当に自粛要請は正しいのか? と考えてみることも重要だろう。 以下に、そえぞれの意見を、いくつかピックアップして紹介するが、ここに示した一部の意見からも、声明を支持する・しない理由としてさまざまなものが見てとれる。一方、自粛要請が出されてからも何件かの山岳遭難事故 が発生している。登山者が今後どのような 姿勢をとるかが重要になってくるだろう。

●登山自粛要請を支持する理由

◆基準を設けるのは不可能では? ほとんど混むことのない登山道を利用しているため、混雑しうる登山道のみ規制すればいいと思う。しかし、混雑する山、または混雑する登山道をどのような基準で認定するのか…。不可能である。 よって、泣く泣く自粛要請に賛成し、積極的に受け入れている。 (千葉県/50代/男性) ◆首都圏からの往来は危険 GW中は人気の山域はかなりの人出になり小屋周辺や山頂は人が密集状態になることが予想された。また登山口までアクセスする道中、高速のPA・SAや道の駅の人の集中を助長することになったはずである。私は長野県に住んでいるが、県内の感染者のほとんどが首都圏との往来によるものだったこともあり、正直、首都圏からの訪問は避けて欲しかった。 (長野県/40代/男性) ◆登山にかかわる人たちのために 昨今の登山ブームで登山人口の増加し、山も3密になったといえる。さらに遭難時の救助の事を考えると、自粛は仕方ないと思う。 登山する者としては、山小屋で働く方、そこの地元の方、さらに登山道や登山口までの道を管理する方、山岳救助の方、更には登山口までの公共交通の機関の方がいて初めて山に登ることができるということを、われわれ登山者は肝に命じるべきだ。 (埼玉県/40代/男性) ◆医療従事者への負担軽減を 「低い山なら」「あまり人のいない山なら」いいじゃないかという方もいるが、どんな山にも危険がつきもの。新型コロナで手いっぱいの医療従事者、救急隊の方に負担をお掛けしないためにも今は家にいたい。子ども達も友達と遊べないことを我慢しているのに、大人が自分のしたいことを優先させるのは恥ずかしいことだと思う。 (埼玉県/60代/女性) ◆事故は起きてしまうもの どんなに気をつけていたとしても、 山は事故が起こるところ、という認識があるので、 医療現場に負担をかけてはいけないと思う。 (東京都/50代/女性) ◆低山でもリスクは付き物 よく「自家用車で、県をまたがず、身の丈にあった山に」という話も聞くがどうだろうか。事故は3000メートル級の山でも300メートルに満たない里山でも起きうるもの。そんな時、要請の有無に関わらず救助に向かわなければならない方たちがいる。そのような事まで考えると自粛はやむなしだと思う。 (宮城県/40代/男性) ◆わかりやすい こういう風にわかりやすい形で示さないと、わからない人がたくさんいる。 (青森県/30代/男性) ◆実態不明の状況は危険 新型コロナの実態が不明で治療方法も確立していない中、山では感染リスクが低いと考えるのは危険であり、自粛要請の主旨が理解できる。 (東京都/50代/男性)

【関連記事】