Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ感染が拡大中の今、もし自分が"濃厚接触者と接触"していたらどうすべき?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

直接の知り合いにはいなくても、「知り合いの知り合い」が新型コロナウイルスに感染した、という読者は少なくないだろうし、そうしたケースは今後さらに増えるはず。これを読めば"濃厚接触者と接触"の際のガイドラインがわかります! 【図】ある企業(社員数1000人以上)の新型コロナウイルス出勤対応 ■基本的に企業や個人の判断にお任せ 爆笑問題の田中裕二さんや乃木坂46のメンバーが感染するなど、新型コロナウイルスはゆっくりと広がりを見せている。こうなると自分の身近にいつ感染者が出てもおかしくない。 そして身近に感染者が出た場合、自分が濃厚接触者になるかどうかが気になるところ。 厚生労働省の「新型コロナウイルスに関するQ&A」によると、濃厚接触者にあたるかどうかは「対面で1m程度以内で15分以上接触があった場合」「感染者からうつる可能性がある期間(発症2日前から入院等をした日まで)に接触のあった方々について、保健所が調査を行ない判断する」とのこと。 原則的に濃厚接触者は(PCRなどの)検査をして、陰性の場合でも感染者と接触した後14日間は健康に注意を払い、不要不急の外出を控えること(自宅待機など)を要請される。 では、さらにその濃厚接触者と自分が接触をしていたらどうすべきなのか? 例えば、取引先の担当者Aさんの奥さんがコロナに感染した。すると旦那さんであるAさんは濃厚接触者となる。自分はそのAさんと3日前に対面で30分ほど1m以内の距離で打ち合わせをしていた。どのような行動を取ったらいいのか? 東京都福祉保健局の担当者に聞くと......。 「現在、濃厚接触者との接触に関するガイドラインはありません。感染者に接触した場合のみです。ですから、基本的に普通の方と変わりません。 ただ、濃厚接触者の方がいつ発症するかわかりませんので、濃厚接触者の方の健康状態を2週間ほど気にかけていただく必要はあります。 そして、なるべく人混みを避けていただいたり、出勤を控えていただくという"お願い"をするだけです。 ですから、基本的に濃厚接触者に接触した方の対応は、企業や個人の判断にお任せすることになります」 人混みを避けるくらいで、普通の人と変わりない行動を取れるならそれほど気にすることはないのだが、一応、企業はどのような対応を取っているのか調べてみた。

【関連記事】