Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地元の横浜ビー・コルセアーズでプロキャリアをスタートさせる須藤昂矢「強気でどんどんチャレンジします」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケット・カウント

「家族や友達とも横浜の試合を見に行っていた」

文=佐保めぐみ 写真=©B-CORSAIRS、©B-CORSAIRS/T.Osawa 3月に明治大を卒業した須藤昂矢は、地元クラブである横浜ビー・コルセアーズでプロキャリアをスタートさせる。昨シーズンは西宮ストークスで特別指定としてプレーしたが、新型コロナウイルスの影響でシーズン中止となり2試合の出場に留まった。同年代にはすでにBリーグでの経験が豊富な選手も多いが、「人と比べても仕方がない」と焦りはない。そんな須藤にプロ1年目の意気込みや注目ポイントを語ってもらった。 ──バスケット・カウントでは初めての取材になります。まずは自己紹介からお願いしたいのですが、少々緊張気味ですか?  緊張しています(笑)。須藤昂矢です。神奈川県出身で3月に明治大を卒業しました。昨シーズンは西宮ストークスに特別指定で加入して、今シーズンから横浜でプレーします。ポジションはシューティングガードで、フィジカルの強さが持ち味なので、そこを生かしたドライブやファウルを誘うプレー、アウトサイドシュートが得意です。 ──これからプロバスケット選手としての人生が始まりますが、横浜に入団した経緯を教えてください。 まず、僕は横浜市出身なので、地元のクラブであるという部分は大きかったです。小さい時から家族や友達とも横浜の試合を見に行っていて、あこがれのチームでもありましたし、そんなチームから声をかけていただけたことは素直にうれしかったです。 まだ開幕していないですが「プロってすごい」と感じたことが、横浜から僕の入団リリースが出た時に、地元なので今までかかわってきた方や友達からすごく連絡をもらいました。それがうれしかったですし、頑張ろうというモチベーションにもなりましたね。 ワークアウトに参加し始めたのは6月中旬からで、まだチーム練習は始まっていませんでした。最初は本当に緊張したし、僕は人見知りなのでなかなか慣れない部分もありましたが、最近は打ち解けてきて楽しく練習しています。同い年の選手はいませんが、年齢が近い先輩が多いので話しやすいですね。 ──桐光学園から明治大に進みましたが、プロになりたいと意識し始めたのはいつ頃からですか?  小1でバスケを始めてバスケしかやってこなかったので、ぼんやりと「プロになりたい」という気持ちがずっとありました。ただ、そこまではっきりとは考えていなくて、本格的に意識し始めたのは大学3年生の時ですね。 ──昨シーズンはシーズンが中断したこともあり、西宮で2試合の出場でしたが、この経験から何を感じましたか?  僕自身、外国籍選手と同じチームでプレーしたのは初めての経験でした。連係プレーや一つのパスにしても日本人と外国籍選手とでは投げる場所も全然違うので、そこでのコミュニケーションが少し難しかったですね。あとは、2試合の出場でしたがどちらも無観客試合だったので、お客さんが入った状態でのBリーグの雰囲気はまだ味わえていなくて。ただ、大学と比べてレベルの違いはすごく感じました。身体の強さやシュート精度とか、一つひとつの基本から全く違いました。 ──確かに外国籍選手とのコミュニケーションは大変そうですね。それでも、これから外国籍選手と一緒にプレーしていきます。 そうですね。チームにはまだ外国籍選手が合流していないですけど、エド(エドワード・モリス)とアキ(チェンバース)はいます。エドはすごく陽気に話しかけてくれるので、コミュニケーションは結構取れていると思います。

【関連記事】