Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新たなおじさんが登場!多部未華子“メイ”の父親役に光石研が決定<私の家政夫ナギサさん>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

多部未華子主演の火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)第4話から、光石研の出演が決定した。 【写真を見る】ナギサ(大森南朋)と晩酌するメイの父親・茂(光石研) 本作は、仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・相原メイ(多部)が、おじさん家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)と出会い、周囲を巻き込みながら本当の幸せを探すハートフルラブコメディー。 国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」発、四ツ原フリコ著のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」に、ドラマオリジナル要素が盛り込まれており、メイの仕事のライバルとなる田所優太役を瀬戸康史が務めている。 7月28日(火)放送の同ドラマ第4話から登場する光石の役どころは、多部演じるメイの父親・茂。 茂はある日、突然メイの部屋にやってきて、部屋で家事をしていた初対面のナギサに「一緒に晩酌をしないか」と声をかける。しかし、茂の突然の来訪には、どうやら理由があるようだった…という、ドラマのストーリーに新たな展開を予感させる茂の登場回に視聴者からも期待が集まっている。 また、収録中の光石は終始にこやかな様子を見せた。それには理由があり、実はナギサ演じる大森とはプライベートでも飲み仲間で、よく知る仲だからだった。収録は終始和やかに行われ、合間に交わされる会話も話題が尽きなかったという。 ■ 第4話あらすじ 意気揚々と玄関の扉を開けたメイは、目の前に田所を発見。ついに、田所に自分が隣に住んでいることがバレてしまう。 しかも田所は「男性とお住まいなんですか?」と屈託なくメイに一撃を…。ナギサさんを雇っていることを絶対に知られたくないメイは、それは父だと必死にごまかす。 そして二人が隣に住んでいることは「ヒミツ」にしようと提案。メイと田所は二人だけの「ヒミツ」を共有することになる。 ある晩、メイの父親・茂がメイの部屋にやって来た。美登里(草刈民代)からナギサさんの話を聞いていた茂は、ナギサさんに興味津々。人懐っこくナギサに酒をすすめ、メイには決して語らなかったナギサのプライべートが明らかになる。 一方、医師の肥後(宮尾俊太郎)はメイに猛アプローチ。メイは誘いを断れず遥人(眞栄田郷敦)を伴い、懇親会という名のデートをすることに。 するとそこへ、田所と薫(高橋メアリージュン)がやって来る。まさかのデートの鉢合わせに、メイは混乱。さらに肥後が思わぬ行動に出て、事態は思わぬ方向へ進んでいく。 (ザテレビジョン)

【関連記事】