Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本最後の2ストエンジン搭載!実は歴代最強?スズキ ジムニー SJ30【MOTA写真館】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

1981年に初めてのフルモデルチェンジを実施したスズキジムニー。2代目 SJ30型にフルモデルチェンジした当時、排出ガス規制により、ほとんどの軽自動車が4サイクルエンジンへ変わっていくなか、ジムニー SJ30は悪路での低速トルクを重視して2サイクルエンジンを搭載し続けた。 ■2スト時代のレトロ感が神すぎる!SJ30 ジムニーの内外装画像を見る ▼これまでご紹介した名車は関連記事をチェック!▼

ジムニーらしい走りを実現する2サイクルエンジン

ジムニーらしい走破性を維持するため、2サイクルエンジン、通称、2ストを搭載している2代目 SJ30型。2サイクルエンジンならではの低速での力強さは、今でも支持されている。 1980年頃、ほぼ全て軽乗用車が4サイクルエンジンへ移行している中、ジムニー SJ30型は生産が終了するまで2サイクルエンジンを搭載し続けた。 ちなみに、1987年に生産を終えたジムニー SJ30型が、クランクケース圧縮型2サイクルエンジン搭載した日本最後の四輪自動車である。 ■2代目で現在のジムニーとほぼ同じ見た目になった 一方、デザインや乗り心地は大きな進化を遂げた。独立のフロントフェンダーを廃止し、乗用車らしい内外装を纏い、乗り心地も乗用を意識したセッティングにしている。オンロード・オフロード性能を両立させた結果、より広いユーザーに受け入れられた。

4ストと2ストのエンジンスペック比較

ここで、ジムニー SJ30型と同時期に販売されていた、4サイクルエンジンと2サイクルエンジンのスペックを比較してみよう。 【4サイクル F5A型】 最高出力:31馬力/6000rpm 最大トルク:4.2kgm/4000rpm (スズキ フロンテSS30/40型 エンジンスペック) 【2サイクル LJ50型】 最高出力:28馬力/4500rpm 最大トルク:5.4kgm/2500rpm (スズキ ジムニー SJ30型 エンジンスペック) 最高出力こそ4サイクルエンジンの方が高いものの、最大トルクは2サイクルの方が太く、低回転から発生していることがわかる。

スペック

■サイズ:全長×全幅×全高=3,195mm×1,395mm×1,690mm ■エンジン:LJ50型 水冷2サイクル 直列3気筒 539cc ■トランスミッション:4速MT ■駆動方式:パートタイム4WD ■販売期間:1981年~1987年

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA