Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

お金があっても「純正無双」じゃない! 新車装着すべき「オプション」と「社外」も検討すべき装備

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

後付けできないものは不可欠な最重要装備となる

 新車を購入する際、オプション装備やアクセサリーを同時購入することがある。合わせて買って、たとえばローンを組めば、支払いが楽になるというケースもあるだろう。が、装備やアクセサリーのなかには、社外品のほうが高性能で便利で、安く手に入る物もあるので、注意が必要だ。 【写真】昔は交換が当たり前だった社外パーツ8つ!  絶対に新車時に付けておかなくてはならないのは、標準装備ではないケースの衝突軽減ブレーキ、ブラインドスポットモニターなどを含む先進運転支援機能。こればっかりは、あとから付け足したい……というわけにはいかない。そもそも衝突軽減ブレーキは2021年から新車に装着が義務づけられるぐらいに不可欠な最重要装備と考えたい(今ではほとんどの新車に標準装備されるが)。  ナビなどは車両とのデータ共有など、純正品のほうが収まりもよく、多機能を使えるケースが多く、ステアリングスイッチとの連動でも優位性があることが多い。  エクステリアパーツにしても、たとえば、ダイハツ・タフトに必要不可欠だとも思える前後ガーニッシュは付けるべきだが!?  エアロパーツのなかには、アフターマーケットのもののほうが、よりデザイン性に優れていたりする。新車登場時には発売が間に合わず、ないかもしれないが、人気車の場合はあちこちのパーツメーカーがこぞってリリースするから、楽しみに待つ手もありそうだ。  今や装着比率が劇的に増えているドライブレコーダーはちょっと待て、である。純正アクセサリーとしては、まだまだフロントのみの用意も少なくなく、リヤ用があっても、純正アクセサリーとなると、販売店の利益を重視するためか(ほぼどんなものでも)、価格は割高。トヨタ新型ハリアーのようなデジタルインナーミラーに前後のカメラ機能が付いているようなレアケースを除いて、別途、カー用品店や通販で購入したほうが、安く済み、なおかつより最新の機能が手に入る可能性が高いのだ。  たとえば、某車の純正アクセサリーにあるドライブレコーダー機能付き360度車載カメラは、自動車メーカーの純正アクセサリー価格4万3780円だが、同じものがアマゾンでは3万6500円ほど(送料込み)。こうした場合、自身で取り付けられないなら、アマゾン価格+取り付け工賃と、ディーラーの価格(取り付け工賃込みの値引き交渉もアリだろう)を比較するとよい。もしかすると、新車時に付けたほうが安い可能性もあるし、納車時点でドライブレコーダーを使える安心感もあったりする。言うまでもないが、ドライブレコーダーは、あおり運転対策として、最低でも前後カメラ装着が基本である。

【関連記事】