Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界各国で上映禁止!問題作『アングスト/不安』予告編公開

配信

シネマトゥデイ

 世界各国で上映禁止となり日本でもビデオスルーだった1983年の問題作『アングスト/不安』(7月3日)の予告編が公開。実在した殺人鬼ヴェルナー・クニーセクをモデルにした主人公が凶行に及ぶさまが収められている。 【動画】衝撃の問題作『アングスト/不安』予告編  1980年にオーストリアで起きた一家惨殺事件に基づく本作。1983年公開当時、ショッキングな内容により本国オーストリアでは1週間で上映打ち切りとなり、他ヨーロッパでも上映禁止、イギリスとドイツではビデオの発売も禁止に。日本では『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』というタイトルで1988年にレンタル用VHSが発売されていたが、本国公開から約37年を経て初めて劇場公開される。

 予告編は、イタリアの詩人ダンテによる長編叙事詩「神曲地獄篇」の一説のテロップからスタート。銃を手にした27歳の主人公K(アーウィン・レダー)が、ある屋敷を訪ね、出てきた老婆を射殺。刑務所出所後も、取り返しのつかない惨劇が続発する様子が疾走感あふれるタッチで切り取られている。  日本ではR15+指定作品として上映される。(編集部・石井百合子)

【関連記事】