Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西武・牧野翔矢 プロ2度目の“劇打”。成長へどん欲な若手捕手/CAR3219フィールドで躍動する若獅子たちVol.10

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

「とにかく、がむしゃらに」

 9月19日、イースタン・横浜DeNA戦(CAR3219)の9回裏、愛斗が同点本塁打を放ち、さらに二死一塁として打席に立ったのは牧野翔矢だった。フルカウントからバットを一閃、右中間へのサヨナラ二塁打となった。昨年のファームでの初安打がサヨナラ打だったが、それに続き自身2本目の“劇打”。牧野は「(サヨナラ打の)1本目はプロで初めてのヒットでしたので、そのときの手ごたえは今でも強く残っています。そのときほどではないですが(笑)、2本目のサヨナラももちろんうれしいです」と笑った。 西武・牧野翔矢捕手「ダントツで森友哉さんです!」/あこがれの人  9月15日から行われたCAR3219フィールドでの5試合のうち3試合でスタメンマスクをかぶった。高卒2年目、左打ちの若手キャッチャーに首脳陣からの期待値も高い。  自身の成長のためにはどん欲だ。試合前の練習中やロッカーでは、調整でCAR3219フィールドに訪れている一軍の先発ローテーション投手、高橋光成や内海哲也にも、積極的に話しかける様子が見受けられる。 「とにかく、がむしゃらに。失敗を恐れずに、自分のできることをしっかりやっていきます!」と力強く語る牧野の活躍にぜひ注目してほしい。 西武ライオンズ

週刊ベースボール

【関連記事】