Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

切って入れておくだけで簡単保温調理。ランチライムに幸せを届けるスープジャーのおすすめレシピ6選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

スープジャーは、材料を切ってスープを入れるだけで勝手に保温調理してくれるお手軽さと、温かいものを温かいまま食べられる幸せ感で人気のランチのひとつ。これからの暑い季節は、外気とは裏腹に室内は冷房がガンガンに効いているので、体の冷え性に悩んでいる方にもお野菜たっぷりの温かいスープをランチに取り入れてみるのはおすすめです。そこで、朝の忙しい時間でも短時間でできて、美味しいスープジャーのレシピをたっぷりとお届けします。

【1】サーモンとほうれん草のスープ

素材の味が引き出され、シンプルなコンソメスープも美味。 【材料】1人分 スモークサーモン 30g ほうれん草 1/8束 玉ねぎ 1/8個 スープの素(顆りゅう粒、コンソメ味)小さじ1/2 熱湯 適量 【作り方】 1.スモークサーモンは2~3cm大に切る。ほうれん草は3cm長さに切り、玉ねぎは粗みじん切りにする。 2.スープジャーに1を入れ、熱湯を注ぐ。ふたをして2分予熱し、中ぶたをあてて湯きりをする。 3.スープの素を加え、沸騰させた熱湯を内側のラインまで注ぎ、ふたをして3~5時間おく。

【2】野菜カレースープ

カレーうどんのような和風だしのきいたスープ。 【材料】1人分 じゃが芋 1/8個(20g) にんじん 2cm 玉ねぎ 1/8個 ウインナソーセージ 1本 グリーンアスパラガス 1/2本 A《カレールウ15g 和風だし(顆りゅう粒)小さじ1/2》 熱湯 適量 【作り方】 1.じゃが芋、にんじんは3mm厚さのいちょう切りにし、玉ねぎは粗みじん切りにする。ウインナソーセージは5mm厚さの輪切りにする。アスパラガスは縦半分に切って4cm長さに切る。 2.スープジャーに1を入れ、熱湯を注ぐ。ふたをして2分予熱し、中ぶたをあてて湯きりをする。 3.Aを加え、沸騰させた熱湯を内側のラインまで注ぎ、ふたをして3~5時間おく。食べるときによく混ぜる。

【3】じゃが芋とベーコンのスープ

腹持ちがいい一品。ベーコンの旨みと玉ねぎの甘味がしみ込んだじゃが芋が美味。 【材料】1人分 じゃが芋 1/4個(40g) 玉ねぎ 1/8個 ベーコン 1枚 ローズマリー 1枝 塩 小さじ1/4 粗びきこしょう(黒) 少々 熱湯 適量 【作り方】 1.じゃが芋は4mm厚さのいちょう切りにし、玉ねぎは粗みじん切りにする。ベーコンは5mm幅に切る。 2.スープジャーに1を入れ、熱湯を注ぐ。ふたをして2分予熱し、中ぶたをあてて湯きりをする。 3.ローズマリーと塩、こしょうを加え、沸騰させた熱湯を内側のラインまで注ぎ、ふたをして3~5時間おく。ローズマリーを取り出していただく。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ