Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〈先輩花嫁に聞く!〉【運命のウエディングドレス探しの決め手は?】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
25ansウエディング

結婚式にまつわるお悩みや疑問に、『25ansウエディング』オフィシャル・ブライズがお答え!  今回のテーマは「運命のウエディングドレス探しの決め手は?」。悩ましいドレス選びについて、オフィシャル・ブライズが教えてくれました。最高の一着に出会うためにチェックするべきポイントは?

「上半身はビスチェタイプ、長袖(ハイネック、オフショルダー)、ロールカラー、スカート部分はプリンセスライン、Aライン、マーメイド、スレンダー等、とにかく色々試しました。一通り試すと、何が似合うのか、何が好きなのか、が見えてくるので、その希望をドレスショップの担当の方に伝え、今度は素材やトレーンの長さが違うものを試着し、ディテールで選んでいきました。」(Sさん)

「ウェディングドレス探しは、実は式場を選ぶ前から始まります! というのも、式場によって提携しているドレスショップや持ち込み料の規定があるから。『ここのブランドのドレスをレンタルしたい!』『ウェディングドレスを買って着たい!』 などこだわりがあるならば、是非会場の提携ドレスショップや持ち込み料について予めチェックしておくことをおすすめします!」(Kさん)

「試着してときめいたドレスは王道の『Vera Wang bride』のものばかりでこちらのドレスに決めました。年齢的に、フリフリのドレスはキツいかなとも思いましたが人生に一度の結婚式 親や旦那さんが何と言おうとやっぱり自分が鏡を見て『はぁ、可愛い!』と、幸せな気分になれるドレスになるものが良いと思います。」(Fさん)

「運命のドレスに出会うには、すぐにドレスサロンの予約を取る、次回の予約も試着した日に決めていく、とにかくたくさん着る!ブランドを少しづつ絞っていく!写真をたくさん撮る!挙式でドレスを着ているイメージをする!素敵なドレスに絶対に巡り会えます。」(Aさん)

「私にとって決め手は何だったかというと“直感と憧れ”でした。 幼い時から、ウェディングドレスといえばプリンセスラインのトレーンの長いもの。 王道が好きな私にとって、Hatsuko Endo Weddings 様のAnaは一目惚れでした。同じトレーンの長いものの中でもAnaを選んだ理由は、 エレガントで可愛さもあるところでした。 ウェディングドレスに悩んでるプレ花嫁の方がいらっしゃれば、選ぶポイントとして、自分にとって、似合う形、イメージなど一度考えてみてください! 運命のドレスにきっと出会えるはずです。」(Lさん)

【関連記事】