Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

江夏、田淵のバッテリーは不動。大卒中心の阪神ドラ1ベストナイン

配信

高校野球ドットコム

 1965年に行われた第1回ドラフト会議から、多くの選手がドラフト1位でプロ入りを果たしている。各球団におけるドラフト1位は、その年のなかでもっとも期待をかけられている存在だ。  さて、そのなかで阪神の歴代におけるドラフト1位だけでベストナインを組んだら、どのようなチームになるのだろうか。 【動画】夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧  投手はドラフト制度が始まって2年目となる1966年に指名された江夏豊氏(大阪学院大高)で異論はないだろう。  江夏氏は1年目から先発ローテーションに入ると最多奪三振のタイトルを獲得。2年目には前人未到の401奪三振を記録するなど、入団から6年連続で最多奪三振のタイトルを獲得したレジェンドである。対抗馬となりうるのは藤川球児(高知商/1998年)くらいだろうか。  捕手も実質一択だった。ホームランアーチストとして活躍した田淵幸一氏(法政大/1968年)である。1985年優勝時の正捕手である木戸克彦氏(法政大/1982年)もいるが、田淵氏の前では霞んでしまう。  内野手は一塁に大山 悠輔(白鴎大/2016年)、二塁に岡田彰布氏(早稲田大/1979年)、三塁は今岡誠氏(東洋大/1996年/現:真訪)、そして遊撃には鳥谷敬(早稲田大/2003年自由枠)を選出した。バッテリーに比べると比較的新しい時代の選手たちである。  1985年リーグ優勝時の立役者である掛布雅之氏(習志野高/1973年)はドラフト6位、平田勝男氏(明治大/1981年)もドラフト2位での入団。内野手の生え抜きドラフト1位は多くないのである。  外野手の選考は難航した。近本光司(大阪ガス/2018年)、高山 俊(明治大/2015年)と現役のふたり。そして佐野仙好氏(中央大/1973年)である。佐野氏は入団時内野手だったが、プロ入り後にコンバートされ、1985年のリーグ優勝時は左翼を守っていた。外野手も内野手同様にドラフト1位から主力となった選手は多くない。  江夏氏をのぞくと全員が大卒以上での入団となっている。高卒野手のドラフト1位は球団のベストナイン(独断と偏見ではあるが)に選出されるほど実績を残した選手がいないといいうことになる。  阪神の高卒野手におけるドラフト1位は、2007年高校生ドラフトの高濱 卓也(横浜高/現ロッテ)。それ以来、指名はあるものの獲得には至っていない。今後、阪神の高卒ドラ1野手が実績を残す日はやってくるだろうか。 <阪神・ドラフト1位指名のみのベストナイン> ※自由獲得枠、希望入団枠含む 投手:江夏豊(大阪学院大高/1966年) 捕手:田淵幸一(法政一高→法政大/1968年) 一塁:大山 悠輔(つくば秀英高→白鴎大/2016年) 二塁:岡田彰布(北陽高→早稲田大/1979年) 三塁:今岡誠(PL学園高→東洋大/1996年/現:真訪) 遊撃:鳥谷敬(聖望学園高→早稲田大/2003年自由枠) 外野:近本光司(社高→関西学院大→大阪ガス/2018年) 外野:佐野仙好(前橋工→中央大/1973年) 外野:高山 俊(日大三高→明治大/2015年)

勝田 聡

【関連記事】