Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いすゞの新型「D-MAX」、日立製ステレオカメラの採用で先進安全機能を実現

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MONOist

 日立オートモティブシステムズは2020年9月30日、同社のステレオカメラがいすゞ自動車の1トン積みピックアップトラック「D-MAX」に採用されたと発表した。ステレオカメラを搭載した「D-MAX」は、同年9月のオーストラリアでの販売開始を皮切りに多国展開を計画している。  D-MAXは、日本国内では販売していないものの、世界100カ国以上に展開するワールドワイドピックアップとして知られる。特に、D-MAXを製造するタイでは高い評価を得ており、1トン積みピックアップトラックとしてトップブランドの地位を確立している。  今回フルモデルチェンジしたD-MAXは、車線維持機能、標識認識機能、配光制御機能、交差点対向車両衝突回避ブレーキ(AEB JA:autonomous emergency braking junction assist)、自動速度制御機能(ISA:intelligent Speed Adaptation)などの先進安全機能を追加搭載している。これらの安全機能を実現するために、日立オートモティブシステムズのステレオカメラを採用した。このステレオカメラは、単体で交差点対向車両衝突回避ブレーキなどさまざまな安全機能を支援できることが特徴だ。  日立オートモティブシステムズは、今後も、商用車メーカーの高度な先進安全運転支援技術を通した車両の安全機能を拡張するニーズに対応し、ステレオカメラなどセンシング製品の採用拡大を図っていくという。  なお、いすゞ自動車の車両では、2018年10月発売のトラック「エルフ」の新モデルでも日立製ステレオカメラが採用されている。 ⇒その他の「安全システム」のニュースはこちら

MONOist

【関連記事】

最終更新:
MONOist