Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

目印はボロボロの首輪 2年前に姿消した愛猫「奇跡の再会」導いたツイート 命守るため飼い主にできること

配信

withnews

2年前に姿を消してしまった愛猫。必死の捜索もなかなか実を結ばず、再会を諦めかけていた飼い主の運命を変えたのは、一本のツイートでした。「まさに奇跡」とSNS上で大きな話題を呼んだ、小さな物語。一部始終に関わった動物保護団体のスタッフに、大切な”パートナー”の命を守る方法について聞きました。(withnews編集部・神戸郁人) 【画像】毛羽立ち傷ついた体、それでも飼い主の元へ…命尽きる直前に奇跡を起こした虎猫「ちびちび」の姿

毛羽立ち、やせ細った体の虎猫

「奇跡が起きました!」。今年6月24日夕方、地域猫の保護団体「四日市にゃんこレスキュー愛の手」(三重県四日市市)のツイッターアカウント(@nekomusume28)が、歓喜のツイートを投稿しました。 投稿主の知人と一緒に暮らし、2年ほど前に失踪したオス猫「ちびちび」(推定5歳)が、偶然見つかったことを伝える内容です。情報提供を呼びかけるために描き下ろされた全身イラストなど、3枚の画像が添付されています。 ちびちびは茶色の虎猫で、鮮やかなブルーの首輪がトレードマークです。しかし画像に写っているのは、毛羽立ちやせ細った体をペットシート上に横たえる姿と、抜け毛が引っ付き、くすんでしまった首輪。見る人に、いやが応でも時の移ろいを感じさせます。 団体はこれに続き、ちびちびが飼い主と対面したときの様子もツイート。名前を呼びかけられ、弱々しくも確かな声で「にゃあ」と返事をしたことについて、動画と共に報告しました。そして「迷子猫を探しているかた、諦めないでください」と結んでいます。 いずれのツイートにも5千以上の「いいね」がつき、「長い間よく頑張ってくれた」「もう絶対離さないで」といったねぎらいのコメントが、いくつも寄せられました。

穏やかな日常は、突然絶たれた

ツイートの「中の人」は、保護団体スタッフ・黒猫娘さんです。飼い主の女性とは、過去に保護した猫を団体に預けたことが縁で、親しくなったといいます。自身はちびちびと会ったことがなかったものの、行方不明になった猫の相談や、預けた保護猫に関する相談に乗っていたそうです。 普段の暮らしぶりを聞く機会もありました。気ままな性格だけれど、知らない人にはついていかないこと。痛んだ首輪を交換させようとしない、頑固な一面があったこと。寝るときは必ずベッドに潜り込んできたこと……。飼い主はいつも楽しそうに語っていたといいます。 ところが2018年10月、穏やかな日常が突然絶たれます。「当時、団体の代表が営んでいたハンドメイド雑貨店を飼い主さんが訪れたとき、『自宅の外に散歩へ行ったきり、戻ってこない。近所中探しても見つからない』と打ち明けてくれたんです。とても悩んでいる様子でした」 黒猫娘さんは捜索を申し出ます。しかし飼い主の手元には、手がかりとなるような写真がありません。そこで猫の特徴を聞き取りながら、スマートフォン用のイラスト制作アプリを使い、全身のイメージ画像を手がけました。 画像をSNS上で拡散するなどしましたが、有力な情報が寄せられることは全くなかったといいます。「飼い主さんは行方不明の間、いつか戻ってくるのではないかと、ずっと庭を眺めながら過ごしていたそうです」

【関連記事】