Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

50人以上を殺害、遺体はワニはびこる水路に投棄 インド

配信

CNN.co.jp

(CNN) インドの首都ニューデリーの警察は8月1日までに、殺人罪で収監され、仮出所中に逃亡した62歳の男を首都圏内で逮捕し、過去に50人以上のタクシー運転手を殺害したとする自供を引き出したと発表した。 男はインドの伝統医療の学士号を持ち、違法な腎臓移植などの犯罪に関与していた。殺害した遺体はワニが多数生息する水路に投棄していた。共犯もいたが、一連の犯行の首謀者であることを認めたという。 違法な腎臓移植は125件以上に達し、1件につき6680~9350米ドル(約71万~約99万円)の利益を得ていた。犯行は北部ウッタルプラデシュ州でも重ね、タクシーを雇った後、運転手をひとけのない場所で殺害。遺体が収容されないようワニが出没する水路に捨てていた。 不要となったタクシーの車は売りさばき、1台につき約270ドル稼いでいたという。 警察によると、デベンデル・シャルマ容疑者は2002~04年にタクシー運転手を最多で7人殺した罪で、ラジャスタン州ジャイプールで終身刑判決を受けた。16年間の服役後、今年1月に20日間の仮出所が許されたが、期間終了後も刑務所に戻らなかった。 消息を絶った約6カ月後に首都圏内で逮捕。出所期間が切れた後は女性と一緒に暮らしていたという。 ニューデリーの警察の報道発表文などによると、シャルマ容疑者はラジャスタン州で1984年から11年間にわたりクリニックを経営。詐欺に巻き込まれて金を失った後、偽物のガスボンベ販売に関与。この後、腎臓移植にも手を染め、04年に逮捕されていた。地元メディアは、運転手の殺害に及んでいる現場で最初に拘束されたとも伝えた。

【関連記事】