Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パ・リーグ6球団 「先発投手」事情は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

福岡ソフトバンクホークス

 千賀滉大が右前腕部の張りの影響で出遅れ、高橋礼もリリーフスタートと、先発ローテーションの頭数こそそろっていたが決して状況的に良いとは言えない中で迎えた開幕。先発に勝ちがついたのは6戦目と、やはり不安は的中した。その後、千賀が7月7日に復帰して落ち着くかと思いきや、今度はM.ムーア、R.バンデンハークがケガで離脱。抜けた穴にはオープナーを試してみるなど、工藤公康監督は柔軟性を見せながら先発陣をやりくりしている。その中で、健闘しているのが和田毅と石川柊太だ。ともに昨季はケガの影響でシーズン中チームの力になれなかったが、今季はここまで和田が4勝、石川がチームトップの5勝を挙げている。1度抹消して休養を取るなど、指揮官の配慮によっても無理なく自らの投球に徹している両投手。特に石川は持ち味のテンポの良さが光り、目標に掲げる「スピードアップ賞」も夢ではない。

東北楽天ゴールデンイーグルス

 開幕先発ローテーションの顔ぶれは則本昂大、松井裕樹、石橋良太、弓削隼人、涌井秀章、塩見貴洋6人だった。文句なしの活躍を見せるのが涌井で、開幕7連勝中。8月5日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)ではあと2人でノーヒットノーランの1安打完封と、抜群の安定感を見せている。だが、それに続く存在が心許ない。まず松井、石橋が先発ローテから外れ、松井は復帰後も不安定さをぬぐえていない。深刻なのはエースの則本昂で、14日の西武戦(メッライフ)では3回6安打6失点の大乱調で今季最短KO。6戦連続白星なしと深刻だ。チームは2位をキープしているものの、不調の岸孝之も戻ってきておらず、先行きが不安な状態となっている。

千葉ロッテマリーンズ

 先発防御率はリーグ5位の4.64と不安定さがぬぐえない。それでも、開幕投手を務めたエース・石川歩が、今季7度目の登板となった7月31日の楽天戦(ZOZOマリン)で初勝利を挙げて以降は自身3連勝。楽天からFA加入した美馬学も防御率5.28ながら3勝(2敗)を挙げている。高卒6年目右腕の岩下大輝が自身開幕3連勝と好スタートも、3連敗を含めて直近4試合は白星を挙げられずにいるだけに、石川、美馬が奮起したいところ。さらに右ヒジ違和感で離脱中の種市篤暉が復帰すれば、先発陣も固まるだろう。ソフトバンク・楽天との上位2球団に割って入るべく、先発陣の奮起が今後のカギを握りそうだ。

【関連記事】