Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

辛島美登里、無観客のステージに響く「サイレント・イヴ」歌う前に必ず自分に問いかける事とは?

配信

ENCOUNT

「歌える!J-POP黄金のヒットパレード決定版!」放送直前スペシャル 第10弾 辛島美登里

 NHKは30日、「NHK BSプレミアム」で特別番組「歌える!J-POP黄金のヒットパレード決定版!~80’sから90’sの大ヒット曲が集合~」を放送する。緊急事態宣言前の3月26日、豪華18組のアーティストが集い、NHKホールで開催した無観客ライブの模様をたっぷりと紹介。そこでENCOUNTでは出演者たちの「生の声」を中心に番組の魅力を全12回に渡ってお届けする。シリーズ10回目は、辛島美登里のコメントを紹介。 【ギャラリー】辛島美登里のステージショット「歌える!J-POP黄金のヒットパレード決定版!」  辛島美登里は大学卒業後、作曲家としてアーティストに楽曲提供を行っていたが、1989年にアーティストデビュー、90年にリリースした「サイレント・イヴ」が大ヒットした。2019年デビュー30周年を迎え、今回「サイレント・イヴ」で稲垣潤一に続き、冬の歌を披露した。

辛島美登里インタビュー

――クリスマス一色のステージで「サイレント・イヴ」がホール一杯に響きました。 「ありがとうございます。『サイレント・イヴ』は歌いだしの「真っ白な」ってところで、いつも『本当に自分は今も真っ白なのか?』と自分に問いかけながら歌っています。何回歌っても真っ白なのかを問われる。襟を正して原点に戻れるような、そんな気持ちにさせられる曲なんです。今日は稲垣潤一さんの次に歌わせて頂いたので、本当にクリスマスがそのままやってきた感じで歌う事ができましたね」 ――歌の「魂」が伝わってくるような辛島さんのステージでしたが、残念ながら今回は無観客コンサートとなってしまいました。 「NHKホールは、私も大好きなコンサートホールで、お客様がいなかったのは、ちょっと残念でしたが、スタッフの方たちと良い音作りをして、演出もちゃんとこだわって作っていただいて、とても良い時間を過ごせました。今日は同じ時期を過ごさせて頂いた共演者のみなさんや大先輩もいらっしゃって、私自身が歌える曲ばかりで、皆さんの歌を聞くのもとても楽しかったです」 ――番組を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いします。 「皆さんと一緒にライブ感を楽しみたかったですが、今日は満席のNHKホールを心の中に投影しながら、私自身も色んな事を思い出しながら歌わせて頂きました」  次回は、出演アーティストから、森高千里のメッセージを紹介。  相川七瀬、稲垣潤一、大黒摩季、岡本真夜、荻野目洋子、辛島美登里、小柳ゆき、T-BOLAN、中村あゆみ、HOUND DOG、バブルガム・ブラザーズ、藤井フミヤ・藤井尚之、森高千里、もんたよしのり、八神純子、WANDS、SARD UNDERGROUNDと80年代から90年代の日本の音楽シーンをけん引し、今も第一線で活躍する豪華アーティストが一堂に集うコンサートが3月26日、NHKホールで開催された。当初は観客を入れた大イベントを想定していたが、新型コロナ感染拡大により無観客での開催となってしまった。しかし音楽を通して希望を与えてきたアーティストたちは、外出自粛の続く視聴者に元気を届けたい一心で、無観客とは思えない大迫力のパフォーマンスで「特別な一夜」を作り上げた。  NHK BS プレミアム「歌える!J-POP黄金のヒットパレード決定版!~80’sから90’sの大ヒット曲が集合~」は5月30日(土)午後9時~10時59分放送。

ENCOUNT編集部 福嶋剛

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT