Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国で日本の「小学校の給食」が大きな話題となっている理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ダイヤモンド・オンライン

 最近、中国では、ある日本人女性がネット上に投稿した埼玉県の公立小学校での給食の様子を撮影した動画が出回り、大変な話題となっている。その理由や背景について解説する。(日中福祉プランニング代表 王 青) 【中国のインターナショナルスクールの豪華な給食の様子(画像)はこちら】 ● 中国で話題となっている 「日本の給食」を撮影した動画  9月1日、中国の小中高校は、まる2カ月間の“夏休み”が終わり、新学期が始まった。登校の様子を伝えるニュースが各地のテレビや新聞で報道され、SNSでも賑わった。  「待ちに待ったこの日がやっと来た!」と多くの親たちが思い、早朝から子どもを学校に送り届けた。  あまりにも待ち遠しすぎたのか、登校日を1日間違って、前日に子どもを学校に連れていった親もかなりいたらしく、ネット上では笑い話となっていた。  今年はコロナで2~3月学校が休みになり、在宅期間が長かったため、祖父母らも「孫の面倒をみる」のに疲れ果てて、「これでほっとした」という人も多かった。  しかし、長い夏休みの後、家でのんびりしていた子どもが久しぶりの学校生活に慣れるのか、心配している大人もたくさんいる。

 筆者の知人には小学校4年生の子どもがいるが、「学校が始まっても油断できない、しばらく慣らし期間が必要。一番心配なのは、給食をちゃんと食べてくれるかどうかだ。食べ残しが厳しくなったからね」と話す。  さて、全国一斉に新学期が始まったこの時期、またもやある日本の動画が中国全土に拡散され、話題になっている。  それは、既に8カ国以上の言語に翻訳され、世界中で注目されている。 ● なぜ中国では 日本の給食に驚くのか  この動画の時間はわずか8分間程度。数年前に、米国・ニューヨーク在住の日本人女性により制作されたドキュメンタリーだ。  『School Lunch in Japan - It's Not Just About Eating!』と題した動画で、埼玉県にある公立小学校の給食の様子を取材し記録したものである。  彼女がこの動画を作成したきっかけは、自分の子どもが通うニューヨークの小学校での昼食の光景を目にして衝撃を受けたからだという。食べ残しの多さのほか、床やテーブルに食べかすがちらかった様子があまりにもひどかったからだ。  本来は、この動画を公開して、ニューヨークの小学校の教育者に参考にしてもらおうという目的であったようだ。その動画は公開後たちまち大きな話題となって、世界中に拡散された。  特に中国では、さまざまなタイトルが付いた記事が出回り、動画が紹介されている。コメント欄は、いつも多くの書き込みで溢れており、常時、注目記事ランキングの上位に入り続けている。  ちなみに、中国にいる筆者の友人や教育関係者らは全員見ており、今や、教育関係者や教育熱心な親の「必見の動画」とも言われている。  なぜ、中国でそれほど注目されているのだろうか。その理由は明白で、現在の中国の小学校とあまりにも異なる様子が衝撃的であるからだ。

【関連記事】