Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソフトバンクGが年初来高値更新、暴落時の2.5倍に! 日経平均株価は大幅反発

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は大幅反発、1カ月強ぶりの23,000円台回復が視野に

2020年7月15日(水)の主要指標(カッコ内は前日終値比)  ・日経平均株価 22,945円(+358円、+1.6%) 大幅反発  ・TOPIX 1,589.5(+24.3、+1.6%) 大幅反発  ・東証マザーズ株価指数 1,017.1(+19.7、+2.0%) 大幅反発 東証1部上場銘柄の概況  ・値上がり銘柄数:1,860、値下がり銘柄数:260、変わらず:51  ・値上がり業種数:33、値下がり業種数:0  ・年初来高値更新銘柄数:54、年初来安値更新銘柄数:0 東証1部の出来高は12億4,571万株、売買代金は2兆2,092億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。 新型コロナへの懸念が残る中、米国株式相場の大幅反発を好感した買いが優先となりました。ただ、依然として様子見スタンスも強く、売買代金は2兆2,000億円レベルに止まっています。 そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移し、大幅反発となりました。この日の大幅上昇で23,000円台回復が視野に入ってきたと言えましょう。 取引時間中の高値は22,965円(+378円)、安値は22,800円(+213円)となり、値幅(高値と安値の差)は約165円となっています。 なお、TOPIXも同じような値動きで大幅反発となりました。

東証マザーズ株価指数は大幅反発、売買代金は63日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億3,318万株、売買代金は1,791億円となり、いずれも前日より減少しました。ました。個人投資家の売買は堅調に推移し、売買代金は63日連続で1,000億円を上回りましたが、2,000億円には届きませんでした。 また、株価指数も+2%高の大幅上昇となり、再び1,000ポイントの大台を回復しました。このまま大台を固めるのか注目されそうです。

富士通が連日で年初来高値を更新、ソフトバンクGは3月の暴落時から2.5倍へ回復

個別銘柄では、株価指数寄与度の高い大型株が買われ、ソフトバンクグループ <9984> 、ファナック <6954> 、ダイキン工業 <6367> などが年初来高値を更新しました。 特に、ソフトバンクGの回復度合いが顕著であり、この日の高値(6,577円)は、3月の暴落時に付けた年初来安値(2,610円)の+2.5倍となっています。 また、ハイテク株では富士通 <6702> が連日の年初来高値更新となり、ソニー <6758> も再び年初来高値を更新しました。 さらに、オフィス需要減退懸念から株価下落が続いた不動産株も続伸し、住友不動産 <8830> が大幅上昇となり、三井不動産 <8801> と三菱地所 <8802> も大きく値を上げました。 その他では、小売り株でドラッグストア株が買われ、スギホールディングス <7649> とウエルシアホールディングス <3141> が共に上場来高値を更新したのが目を引きました。 一方、数少ない値下がり銘柄の中では、医薬品株でエーザイ <4523> が4日続落となり、ハイテク株ではアドバンテスト <6857> とオリンパス <7733> が値を上げたのが目立ちました。 新興市場(東証マザーズ)では、メルカリ <4385> が堅調に推移して5日連続の年初来高値更新となりました。

葛西 裕一

【関連記事】

最終更新:
LIMO