Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤクルト・小川泰弘がプロ野球史上82人目のノーヒットノーラン! 味方の失策にも動じることなく10奪三振で快挙達成

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 8月15日、ヤクルトの小川泰弘がDeNA戦でノーヒットノーランを達成した。昨年9月14日に大野雄大(中日)が達成して以来で、プロ野球史上82人目(93回目)。ヤクルトでは2006年5月25日の楽天戦でガトームソンが達成して以来の快挙となった。 【動画】小川泰弘がノーヒットノーラン! 快挙達成の感動の瞬間をもう一度!  初回、3番の宮崎敏郎に四球を与えた小川だが、4回までに6点の援護を得ると6回、8回にも四球を許しながらもヒットは許さず。8回は味方のエラーで一、二塁のピンチを迎えたがうまく切り抜けた。    9対0で迎えた9回は、先頭の山下幸輝が一塁ライナー。続く佐野恵太も「当てた」だけの一塁ゴロ。あと一人となって、代打で登場した乙坂智をフルカウントからフォークでこの日10個目の三振に斬って取り、見事に快挙達成となった。  試合後のヒーローインタビューでは「5連敗中ということで悔しい心境でしたし、苦しい毎日だった」と心境を吐露。ノーヒットノーランは5回あたりから意識していたというが、「バッターに向かっていく気持ちだけは忘れないようにした」と語った。これでシーズン5勝目。まさにエースにふさわしい快投だった。 構成●SLUGGER編集部  

【関連記事】