Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドバイ万博延期が日本に教えてくれるもの 先手の危機対応に感じる大きな差【世界から】

配信

47NEWS

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、東京五輪の1年延期が決まった。五輪に限らず、世界各地で予定されていた大規模イベントは次々と実施時期を先延べしている。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでの国際博覧会(万博)も同様だ。しかし、決定に至るまでの過程ではドタバタした印象が残る東京五輪と大きな差があった。(ジャーナリスト、共同通信特約=伊勢本ゆかり)  ▽中東では初めて  ドバイ万博は当初、今年10月から21年4月までの開催予定だった。アジアと欧州、アフリカの中継地ドバイを舞台に「心をつなぎ、未来を創る」をテーマとして約190カ国・地域が出展、約2500万人の入場を見込んでいた。また、パレスチナ問題を抱えるイスラエルやUAEと対立するイランも出展を予定している。UAEなどと17年に断交したカタールにも出展を呼び掛けており、中東の政治対立を超えた画期的なイベントとなることが予想されている。  博覧会国際事務局(BIE)が承認した大規模な「登録博」としては中東・アフリカで初の開催となる。20年の五輪開催地で東京が選ばれたのと同じ13年に、立候補した4都市の中から決まった。ちなみに、次の登録博は25年の大阪・関西万博だ。

 2年にわたる招致キャンペーンが成功したときには、世界一の高層ビル「ブルジュ・ハリファ」から花火が打ち上げられるなど、ドバイ国内は祝福ムード一色となった。さらに、決定した当日は祝日として学校などの教育機関が休みとなった。国を挙げて盛り上がる街の様子は、五輪開催地が決定した時の東京をそっくりだった。  ドバイにとって記念すべき万博は3月30日、開幕の1年延期を検討することになった。正式決定はBIEの総会を待たなければならないが、同事務局長が「決定を支持する」と発言しているので大きな変更はないだろう。  ▽手際の良さ  新型コロナウイルス感染防止策として、ドバイ政府は先月24日から年間8600万人以上もの利用客があるドバイ国際空港を完全封鎖した。同時に、厳しい外出制限と徹底した消毒作業も実施。最悪の事態に備えて、仮設病院の建設準備や医療従事ボランティアの募集などにも着手している。一時的な危機的状況を住民が一丸となって乗り越えれば、経済活動も早期に回復すると考えている。外出禁止令の敷かれた夜間の街を皇太子が自ら視察に出かけるなど、積極的かつ厳格に対処している。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS