Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でも稼ぐレンタルスペース投資。テレワーク需要が拡大中 初期費用は30万円~で、年利150%超!

配信

HARBOR BUSINESS Online

年利150%超えのドル箱物件も多数所有

 また、初期投資の少なさだけでなく、収益性の高さも見逃せない。 「敷金礼金が15万~25万円ほど、家具や内装にも同じくらいかかるので、一部屋30万~50万円ほどが初期投資。その物件を1時間1000円前後で貸し出していて、月の収益は平均すると4万~5万円。現在は12室で月の手残りは40万~50万円になります。時期によりばらつきはありますが、おおよそ月に100時間ほど予約が入ると順調に集客できているといったイメージです。年利150%超えのレンタルスペースも複数あるので、投資対象としてはかなり魅力的。基本的には専門予約サイト経由が中心ですが、長時間利用を希望する方に直接、貸し出すといったケースもあります」  もっとも一般的な不動産賃貸と比べて、入居率の予測が難しいという短所を忘れてはいけないとKENJI氏は警鐘を鳴らす。 「今回の新型コロナウイルスこそ、テレワーク需要の拡大という好材料もあるため乗り切れそうですが、天災や経済不況などで逆風はいつ吹いてくるかわかりません。ただ、レンタルスペース投資の場合、仮に失敗しても損失額が小さく、致命傷にはなかなかなりません。なので、まずは始めてみて、やりながら試行錯誤することをおすすめしたいですね」  どんな経済状況下にあっても意外な金脈は必ず存在する。地合いが優れないときこそ、次の金脈を見つけるチャンスだと心得たい。 【不動産投資家・KENJI氏】 現在、名古屋市内で12室の貸会議室を運営。近著『借金地獄寸前のサラリーマン大家だった僕が、月収300万円になった「4つ」の投資術!』が発売中 <取材・文/SPA!編集部>

ハーバー・ビジネス・オンライン

【関連記事】