Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

目の膜をはがす?眼球を取り出す!?白内障手術の「すごい誤解」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

白内障とは、加齢によって目の中でカメラのレンズのような役割を担う水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。60代で約半数、80代に至ってはほぼ全員が、程度の差こそあれ白内障にかかります。高齢化に伴い、今や「目の国民病」と言っても過言ではないこの病気について、眼科専門医が症状と治療法を平易に解説します。※本記事は『図解 白内障かなと思ったら読む本』(幻冬舎MC)から抜粋・再編集したものです。

古くなって濁った水晶体を「人工レンズ」に入れ替える

「白内障の手術は、眼を覆っている邪魔な膜をはがすんでしょ?」 これは実際、私が患者さんに言われたことです。白内障になると、目の前にかすみがかかるように見えることが多いので、「眼の表面に膜が張る病気」と思っている人が少なくないようです。また、手術するために眼球ごと取り出す、と思っている人も中にはいるようです。 眼の手術がどのように行われるのか、意外と知られていないものだと思わされます。 白内障は、カメラにたとえればレンズの部分が変性、劣化し性能が落ちてしまっている状態ですから、それを修理するには、レンズを替えればいいわけです。つまり、手術では古くなった水晶体を取り出し、代わりとなる新しいレンズを入れるというのが正解です。膝や股関節が悪くなった人が人工関節に置き換えるのと理屈は同じです。 水晶体の場合は、囊という薄いふくろの中に入っていますので、そのふくろの中に、新しいレンズを入れることになります。ふくろが破れてしまわない限り、外れてしまうことはなく、もともと水晶体があった場所にしっかりおさまります。もちろん、水晶体を取り替えるために、眼球ごと取り出すことはありません。 【手術のプロセス】  (1)目の表面を切開    ↓  (2)水晶体の核を砕いて除去    ↓  (3)水晶体皮質の除去    ↓  (4)眼内レンズの挿入

人工レンズは一生もの、交換もメンテも不要

白内障の手術は、一度受ければその後一生にわたり、ほかの眼の病気を発症しない限り、見え方が悪くなることはありません。 人工のレンズは劣化の心配がない〝一生もの〟。ほぼ永久的にもつのです。眼鏡のように、曇ったり汚れたりもしませんので、メンテナンスの必要もありません。人工物が眼の中に入るなんて、大丈夫なの? と思う人もいるかもしれませんが、先に引き合いに出した人工関節と同じように、人体にとって安全な材料で作られており、周囲の組織を傷つけるようなこともなく、拒絶反応の心配もありません。 レンズとは一生のお付き合いになるからこそ、どんなレンズを入れたらいいのかは十分に考え選ぶ必要があります。一生に一度、たった10分程度の手術でその後の見え方が格段に良くなるのです。 例えば60歳で何となくまぶしさやかすみ眼が気になり、眼科を受診したところ、初期の白内障と言われたとします。その時点で、気になってはいるものの困るほどではないかなと思えば、手術を急がなくてもいいかもしれません。 しかし、気になって仕方がないとか、目のかすみやまぶしさが原因で事故にあいそうになったなど、実際に困ったことがあるのなら、初期であろうと早く手術を受けるほうが良いのではないでしょうか。がまんし続けて80歳でようやく手術にふみきったとしたら、その人は20年分〝損〟をしている、ともいえます。 ★白内障は加齢とともに誰もがかかる ★進行性の病気で、ひとたびかかると後戻りしない ★治療は手術のみ ★一生に一度の手術で、その後はずっと良く見える 白内障の特徴を簡単にまとめるとこのようになります。数ある病気のなかでも、手術が最も適している疾患、と言って過言ではありません。 人生は一度きりですから、できる限り健康でコンディションの良い状態で生活できるのがベストでしょう。

【関連記事】