Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「日本再建、誰かがやらねば」 中村喜四郎衆院議員インタビュー(中)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 立ち向かう姿を有権者に見せることが、野党の成長につながると確信する中村喜四郎氏。与野党伯仲の緊張関係を作り出すことで、政治の劣化を止める「日本再建」の志を聞きました。  ―東京都知事選は大勝負になりますか。  「2020年の東京都知事選、戦おうということになったときに考えてみれば、小池百合子東京都知事は2017年10月、民進党を立憲民主党と、国民民主党に分断させた当事者ですよ。そして、今、自民党の二階俊博幹事長と近い」  「『野党として黙っていていいのか』と、私は言っているんですよ。分断させられた、元仲間同士、立憲と国民がけんかしているよりは、当時の指導者が東京都知事になっているんだから、野党として立ち向かっていくべきだと。それが二階氏とくっついてどうたらこうたらなんてとんでもないと。政治家として、そこは立ち向かっていかなくちゃいけない」   「ましてや、東京オリンピックに絡んで大きな問題が生じた。マラソンの実施場所が札幌になった。アスリートファーストだからとかいうが、本当かなと。日本の組織委員会がそう考えたのではなくて、IOC(国際オリンピック委員会)が言い出した。『そんなことができるかな』と考えると、これは実は『小池外し』で行われたんじゃないか。そういう疑問を野党は持つべきだ」

 「そのことを、選挙戦で小池さんに、ぶつけていくべきだ。与党は、絶対に口が裂けたって言えない。だから野党が言うべきだ。平和の祭典、スポーツの祭典にもし、『小池外し』という政治的な背景があるとするならば、言語道断だ。そう言って、立ち向かっていけばいい」 ■次期衆院選までに態勢構築  ―とはいえ、小池知事は選挙に強いですよ。  「勝ち負けじゃないんですよ。オール野党で、正論を言って向かっていく。『ああ、野党は本気になってきたな』と有権者に映る。そこに共産党もいると、『おお、共産党も一緒か。変わったもんだな』となる。こういうところを見せていくことが大事だ」  「やっぱり、戦う野党を見せていく。錦の御旗を立てて、堂々と戦うと。そういう野党になっていかなくちゃいけない。私は高知の県知事選挙が終わったら、今度は東京都知事選だと。都知事選、みんなで頑張ろうと今、野党の代表者に言っていますよ」  「代表者間の手探りが続いています。この間、みんなで、共有してきたじゃないですか。志位和夫共産党委員長も、共産党も一緒になってやりますと、こういうことを言っていますし、そうなれば、この間、枝野幸男さんが志位さんと一緒に高知に入ったことも、かつて共産党と距離があった枝野さんがそこのところは変わってきた」

【関連記事】

最終更新:
47NEWS