Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

来田涼斗(明石商)や船曳烈士(大阪桐蔭)など粒揃い 選抜出場予定だったヤングリーグ出身の選手たち

配信

高校野球ドットコム

 コロナウイルス感染拡大の影響で、選抜甲子園が中止となったことはまだ記憶に新しい。  夏の選手権大会も開催を危ぶむ声が上がっているが、夏への期待も込めて選抜甲子園に出場予定だった選手たちの中学時代の出身チームを見ていきたい。 【動画】来田涼斗(明石商)の迫力十分の打撃練習  今回は、ヤングリーグのチームに所属してた選手たちだ。まずは一覧から見ていこう。 高橋晃瑛 3年 鶴岡東 ハナマウイヤングBC 長田宗瑛 3年 桐生第一 ヤング千葉ポルテ 黒澤 孟朗 3年 国士舘 金沢ヤングブルーウェーブ 吉川 大 3年 山梨学院 BANDITS YOUNG 河瀬 貴洋 3年 山梨学院 BANDITS YOUNG 浜岡陸 2年 花咲徳栄 ヤング神戸須磨クラブ 門馬功 2年 東海大相模 ヤング相模原BC 嘉手苅 浩太 3年 日本航空石川 ヤング姫路アイアンズ 井口太陽 3年 日本航空石川 兵庫夢前ヤング 石井幸希 2年 日本航空石川 美蹴館ヤング 草刈桜太 3年 日本航空石川 美蹴館ヤング 杉本真紀人 3年 日本航空石川 ヤング神戸ドラゴンズ 小川純明 3年 日本航空石川 大阪球道ヤング 天羽柊人 3年 日本航空石川 兵庫伊丹ヤング 正木康盟 3年 日本航空石川 ヤングKIXBC・21 畔柳亨丞 2年 中京大中京 SASUKE名古屋ヤング 塚原 大河 3年 県立岐阜商 名古屋コンドルズヤング 江口 巨樹 3年 天理 佐賀ヤング藤本BC 船曳 烈士 3年 大阪桐蔭 ヤング佐用スターズ 加藤 巧也 3年 大阪桐蔭 ヤンキース岡山 小深田 大地 3年 履正社 ヤング姫路アイアンズ 中島颯人 3年 履正社 ヤング神戸ドラゴンズ 小畠 一心 2年 智辯学園 オール住之江ヤング 白石 陸  3年 智辯学園 府中広島’2000ヤング 植本 拓哉 3年 明石商 ヤング神戸須磨クラブ 来田 涼斗 3年 明石商 ヤング神戸ドラゴンズ 河野 佑哉 3年 明石商 ヤング淡路 西村元輝 2年 明石商 ヤング淡路 福井 雄太 3年 明石商 兵庫加古川ヤング 永野 司  2年 倉敷商 倉敷ビガーズヤング 原田 将多 3年 倉敷商 ヤングMAKIBIクラブ 岸本 晴斗 3年 倉敷商 美作SSヤング 森 秀悟 3年 倉敷商 美作SSヤング 花田侑樹 2年 広島新庄 府中広島’2000ヤング 濱岡琉斗 3年 広島新庄 ヤング下関マリナーズ 秋田駿樹 3年 広島新庄 倉敷ビガーズヤング 飛谷隆広 3年 広島新庄 瀬戸内クラブヤング 河西威飛 3年 鳥取城北 兵庫夢前ヤング 竹森翔英 3年 鳥取城北 関メディベースボール学院ヤング 藤原聖哉 3年 鳥取城北 ヤング兵庫飾磨クラブ 幹 大和 3年 尽誠学園 兵庫夢前ヤング 田中 君尚 2年 尽誠学園 兵庫夢前ヤング 菊地 柚 3年 尽誠学園 ヤング神戸須磨クラブ 岡本佳樹 2年 尽誠学園 ヤング神戸須磨クラブ 仲村 光陽 3年 尽誠学園 名古屋 Athlete Club Young 福井 駿 3年 尽誠学園 ヤング武庫ファイターズ 新地 智也 3年 明徳義塾 ヤング岡山メッツ 竹下 慶 3年 明徳義塾 佐賀ヤング藤本BC 照屋寧生 3年 創成館 大矢ヤング 長田雄生 3年 創成館 ヤング筑紫野ドリームズ 矢野流々希 3年 創成館 ヤング大野城ガッツ 大島正太郎 2年 鹿児島城西 兵庫加古川ヤング 中塚大賀 2年 鹿児島城西 兵庫加古川ヤング (ヤングリーグHPより)  以上、53名だ。  ヤングリーグは、特に兵庫県にチーム数が多い特徴があり、兵庫県内のチーム出身者が非常に多い印象だ。  今回の予定だった選抜甲子園で、最多の輩出数となったのが、ヤング神戸須磨クラブ、兵庫夢前ヤングの4名だ。  ヤング神戸須磨クラブは、元ヤクルトの武内晋一氏や阪神タイガースの飯田優也投手、また野間峻祥などを輩出した実績があり、また兵庫夢前ヤングも大阪桐蔭のエースとして活躍した徳山 壮磨を輩出するなど、実力派OBが多くいる。  また注目の選手では、明石商の来田 涼斗の名前が目に止まる。出身チームであるヤング神戸ドラゴンズは、過去には西武ライオンズ栗山巧を輩出した実績があり、来田の他にも履正社の中島颯人、日本航空石川の杉本真紀人と計3名の選手が出場の予定だった。  また岡山や広島にもチームが多いのがヤングリーグの特徴だ。  2名のOBが選抜に出場予定だった倉敷ビガーズヤングは、野村 祐輔(広島)、佐野恵太(DeNA)と2名のプロ野球OBがいる。高校球児のOBにも期待が懸かる。  夏の選手権大会も開催も判断が難しい状況になってきたが、どんな形であっても選手たちの努力が報われる結末であることを願いたい。

栗崎祐太朗

【関連記事】